新生鷹の団の使徒“グルンベルド”の過去を描く! 『ベルセルク』初のノベライズとコミックス39巻が同時発売!!

文芸・カルチャー

2017/6/23

『小説ベルセルク 炎竜の騎士』(深見真:著、三浦建太郎:原作/白泉社) 1989年から連載が続くダークファンタジー『ベルセルク』。黒い剣士と恐れられ、身の丈を超える巨大な剣を持つ隻眼の主人公ガッツが、己の肉体に生贄の烙印を刻まれた復讐のため、そして愛する仲間を救うために戦う物語だ。そのストーリーの外伝が今回初めて小説... 続きを読む