『HUNTER×HUNTER』ついに連載再開で歓喜に沸くファン「おかえりなさい冨樫先生!!」

マンガ

公開日:2017/7/1

    img01
    『週刊少年ジャンプ』30号(集英社)

 2017年6月26日(月)に『週刊少年ジャンプ』30号が発売された。同号で冨樫義博の人気マンガ『HUNTER×HUNTER』の連載が再開され、ファンは「ついに再開だぞおおお!!!!」「おかえりなさい冨樫先生!!」と喜びを爆発させている。

 同作の連載再開は約1年ぶり。物語は「暗黒大陸編」に突入しており、“ブラック・ホエール号”に乗り込んだクラピカたちが新天地へと向けて出発。王位継承候補の1人、ワブルの護衛が暴走してクラピカに襲いかかるという緊迫の展開が描かれていた。

 今回の連載再開とあわせて同日には『HUNTER×HUNTER』34巻も発売され、同誌では連載再開&コミックス発売を記念してセンターカラーを飾っている。次ページには前回までの解説や、物語を紐解く3つのキーワードなども紹介されており、読者からは「再開早々不気味なカラーページが実にハンターらしい」「おさらいページはありがたい!」といった声が上がった。

 物語はクラピカと暴走した護衛のバトルシーンから再開し、クラピカがさっそく戦闘能力を発揮。満を持しての連載再開にファンからも「連載再開に相応しいバトル展開!」「待たされた甲斐がある圧倒的クオリティー!!」「なんだかんだで、やっぱり冨樫先生は凄い人なんだよ」と絶賛評が相次いでいる。

『ジャンプ』巻末の作者コメントで休載に関する言及があるかも注目されたが、直接的なコメントはなし。発売された最新コミックス34巻で今回の連載再開について冨樫からの発信があるのか、気になる人は忘れずにチェックしよう。