寝る前にじっくり、一話ずつ読みたい物語でした。吉川英治文学新人賞受賞の「江戸和菓子小説」が文庫化!

文芸・カルチャー

2017/7/7

『まるまるの毬』(西條奈加/講談社)  「一気読み」は、面白い小説の代名詞みたいなもので、書店にはそれがうたい文句の物語が増えている。だが、「じっくり読みたい」と思わせてくれる本があってもいいと思う。 『まるまるの毬』(西條奈加/講談社)は、日々の忙しさや焦燥感から解き放してくれるような、不思議な味わいのある時代小説... 続きを読む