不器用に生きる愚者たちにこそ、人間のまっとうな姿を見る――伊集院静著 『愚者よ、お前がいなくなって淋しくてたまらない』

文芸・カルチャー

2017/8/8

 『愚者よ、お前がいなくなって淋しくてたまらない』(伊集院静/集英社文庫) 『愚者よ、お前がいなくなって淋しくてたまらない』(集英社文庫)は、直木賞作家・伊集院静の自伝的長編小説。物語の語り手であるユウジは、2年前に女優である妻を癌で亡くして以来、仕事を辞めてギャンブルと酒にのめり込む日々を送っていた。奈良から始まり... 続きを読む