エンタメ

ペアグラビアに絶賛の声! 乃木坂46・西野七瀬&与田祐希、「マガジン」表紙&巻頭グラビアに降臨!

    img01
    『週刊少年マガジン』36・37合併号(講談社)

 2017年8月9日(水)に発売された『週刊少年マガジン』36・37合併号の表紙&巻頭グラビアに「乃木坂46」の西野七瀬&与田祐希が登場。可憐な表情を見せる2人にファンから「可愛さが異次元のレベル」と大反響が巻き起こっている。

 乃木坂46の現役エース・西野と3期生・与田がペアで登場した同誌表紙には、顔を寄せ合い微笑む2人とともに「美少女お見舞いもうしあげます」のキャッチコピーが。巻頭ページ内のソログラビアでは、ともにオフショルダーとショートパンツで透明感のある素肌を披露。またそれぞれ白と黒のモノトーンにコルセットベルトを併せた2人が手を取り合ったり、西野が与田を抱き寄せるような形でぴったりと寄り添う姿も見せている。

 まるで姉妹のような西野&与田の“仲良しグラビア”にファンは大興奮。「最高だぁぁぁ!」「西野七瀬&与田祐希コンビなんて最強じゃないか」「思わず一目惚れしてマガジン買ってしまった」「感動すら覚えるグラビアの完璧さ」と絶賛の声が続出している。

 グラビアページには2人のペアインタビューも掲載。18thシングル「逃げ水」のWセンターに抜擢された与田は心境について「常に新しいことだらけで、センターに選ばれたときも何が起こっているのか分からなかったんです」と本音を吐露。しかし「隣に西野さんがいて、見守っていてくれると思うと、安心できるんです」と、西野に絶大な信頼を寄せているようす。

 一方の西野は、与田がセンターに選ばれたことについて「めちゃくちゃ嬉しかったです」と決定当時を振り返った。センター決定前から与田との仕事が多かったという西野は「わたしの与田ちゃん」という思いが強いらしく、握手会の際にファンから「俺の与田ちゃんをよろしくね」と言われた際に「わたしの与田ちゃんです」と咄嗟に答えてしまったことも明かしている。

 11月には初めての東京ドームライブが控える乃木坂46。姉妹のような“現役&次世代エース”の活躍からますます目が離せない。



TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ