『ローゼンメイデン』シリーズ15周年記念展開催にファン大興奮! 今回のために制作された大正浪漫風ドール7体も展示

アニメ・マンガ

2017/9/14

 PEACH-PIT『ローゼンメイデン』シリーズの誕生15周年を記念して、浅草橋のギャラリー「パラボリカ・ビス」で「誕生15周年 ローゼンメイデン0-ゼロ-展」が開催される。イベントでは7体のドールも展示されるとあって「大正浪漫ドールめっちゃ可愛い!」「真紅に会えるなら行かなくては…」と注目を集めている。

 同作は2002年に連載がスタートした『Rozen Maiden』から始まるシリーズで、人形師・ローゼンが生み出した7体のドール“ローゼンメイデン”たちを中心とした物語。中学生の少年・桜田ジュンが、第5ドール・真紅と出会いドールたちの繰り広げる“アリスゲーム”に巻き込まれていく。続編となる『ローゼンメイデン』ではジュンが真紅と出会わないまま大学生になった世界が描かれ、現在『ウルトラジャンプ』で連載中の『ローゼンメイデン0-ゼロ-』は、日本の大正時代を舞台とした新たな物語が展開されている。

 イベントでは同作のカラーイラスト複製原画や『ウルトラジャンプ』に掲載されていたイラスト“ニコイチメイデン”全7枚が展示され、作中に登場する7体のドールをイメージしたトリビュート・ドールズの展示・販売も実施。トリビュート・ドールズは人形作家・西織銀によって制作され、人形たちは『ローゼンメイデン0-ゼロ-』の舞台にちなみイラストレーター・しきみがデザインした大正浪漫風の衣装を身に纏う。さらにPEACH-PITとのコラボによるトリビュート・ドールズの描き下ろしイラストも公開され、作品の世界観をより楽しめる展示となる予定だ。

 会場ではオリジナルグッズも販売され、カラー複製原画やアクリルスタンド、手ぬぐい、一筆箋、御朱印帖などが登場。ほかにも「薔薇のお茶会」と名づけられた特別イベントやトークショー、朗読演劇など様々な企画が開催される。

 ファンからは「トリビュート・ドールズはおいくらなんだろう」「個人的に御朱印帳が気になる」「薔薇のお茶会とか魅力的すぎ!」と、どの企画にも期待の声が続出。開催期間は2017年9月15日(金)から10月31日(火)までとなるので、この機会を逃さないようチェックしておこう。

■誕生15周年 ローゼンメイデン0-ゼロ-展
会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
期間:2017年9月15日(金)~10月31日(火)
入場料:500円
公式サイト:http://www.yaso-peyotl.com/