書店のない自治体が2割に――本との「出会い」はネットや図書館へ

社会

2017/10/13

 朝、駅前の本屋さんで雑誌を買ってから電車に乗り込む。家路につく際に今度は単行本を買う――そんな風景はもう見られなくなるのかもしれない。書店がない自治体が全国の2割にのぼっている。2000年に2万1000店あった書店は、2017年には1万2000店程度にまで減少しているのだ。(※アルメディア調べ) 書店が町から姿を消... 続きを読む