乃木坂46・生田絵梨花の“癒やしグラビア”にファンノックアウト!「仔猫との2ショット可愛すぎ」

エンタメ

公開日:2017/11/12

img01
『週刊少年サンデー』50号(小学館)

 2017年11月8日(水)に発売された『週刊少年サンデー』50号の表紙&巻頭グラビアに、乃木坂46の生田絵梨花が登場。ファンから「絵梨花ちゃんの柔らかい雰囲気が大好きだ!」と大きな反響が巻き起こっている。

 生田が「サンデー」のソログラビアを飾るのは今回が初めて。表紙から生田は柔和な笑顔を見せており、“束の間の休日”という設定で巻頭グラビアを彩った。

 グラビア1ページ目から縁側で膝を抱えて眩しいばかりの笑顔を披露した生田。その出で立ちはタンクトップにショートパンツというスタイルで、太ももを大胆に露出。「部活に勉強に仕事に忙しいキミも癒されてくださいな」という文言の通り、冒頭から生田の魅力が炸裂したカットになっている。

advertisement

 ほかにも、日差しが差し込む縁側で座布団を抱えていたり、台所ではエプロン姿でリンゴの皮むきをしている生田の姿も。木立を背景にした縁側のカットでは、風を浴びて髪を揺らす生田の自然な表情が切り取られた。

 今回のグラビアで、生田は可愛らしい“仔猫”と共演。床に伏せてじっと見つめてくる生田と向かい合っていた仔猫だったが、次のカットではぺたりと床に伏せた状態に。そんな仔猫を生田が笑顔で撫でるという、優しさに溢れた連続写真に仕上がっている。

 さらに、昼の暖かな日差しにまどろんだのか生田が畳敷きの部屋で寝入り、それを仔猫が見つめ下ろすカットも収録。グラビアの最終ページでは焼き芋を手にして、唇に指を当てた笑顔の生田が掲載された。そんな生田の自然な笑顔が満載となったグラビアに、ファンは興奮を隠しきれないようす。「いくちゃんの太ももが実に素晴らしい」「仔猫になってえりかちゃんの寝顔を見つめたい人生だった」「いくちゃんの笑顔が偉大すぎる…」といった声が続出している。

 自然体の姿を見せる生田に、じっくりと癒されてみては?