「手放す」「残す」「整える」の新ルールで住み慣れた我が家をアップデート! 50代からの“リサイズ”

ライフスタイル

2018/1/14

 自分らしい暮らし方と住まいを見直すヒントがつまったスタイルブック『大人暮らしのインテリア』が、2017年12月7日(木)に発売された。

 これまで、仕事や家事・育児に一生懸命頑張ってきた50代、60代は“そろそろ、頑張りすぎなくてもOK”と、自分を見つめ直すゆとりが生まれる世代。「好きだったもの」「あたり前に身の回りにあったもの」を改めて見直し、ポジティブに暮らしを“リサイズ”していく良いタイミングだろう。

 同書は、これまで頑張り続けてきた50代、60代の女性たちが、家族のためだけでなく自分のための暮らしを充実させるまでの変化を紹介。失敗や経験を重ね、自分にとっての「足る」を知った今、インテリアを大人モードにアップデートして、これからの豊かな生き方をみつけることができる。

img02.jpg
収納や片づけに関する実例記事

img03.jpg
50歳を過ぎ、母親業を卒業。同居する息子とシェアハウススタイルで暮らす人の実例

img04.jpg

img05.jpg
さまざまな50代以上の女性たちの自宅と、そこでの暮らしぶりを紹介

img06.jpg

 実例を読み進めていくことで、これからの自分の生き方、住まいについて、見つめ直せる構成に。インテリアを切り口に、暮らしの習慣やこだわり、生き方の視点も掘り下げていくことができるはず。

img07.jpg
エッセイスト大平一枝の寄稿も

img08.jpg

 同書を参考に「暮らし」も「インテリア」も、自分らしく“リサイズ”してみてはいかが?

※掲載内容は変更になる場合があります。