「健康的なのにセクシーすぎ」久松郁実の水着&ツインテール姿にファン大興奮

エンタメ

公開日:2018/2/10

img01.jpg
『週刊少年マガジン』10号(講談社)

 2018年2月7日(水)に発売された『週刊少年マガジン』10号では、表紙&巻頭グラビアに久松郁実が登場。ツインテールや数パターンの水着姿を披露し、「ツインテいくみん可愛すぎ!」と歓喜の声が上がっている。

 ファッション誌『CanCam』の専属モデルやグラビアで活躍する久松が、同誌でグラビアを披露するのは今回で5回目。表紙の久松は、真っ青なデニムの水着に低い位置で結んだツインテール姿を見せている。胸の谷間を見せつけるようなポーズには、「表紙で俺を殺しに来てる」「いくみんが可愛すぎてマガジン衝動買いしました」「ヤバい、ヤバすぎて語彙力を失う」とファンが大興奮。「ツインテールとは至高」という煽り文にも「マジで全力で同意しかない」といった声が上がった。

 巻頭グラビアは“おうちデート”がテーマとなっており、久松は日の当たる室内で4パターンの水着姿をお披露目。清楚な白レース、表紙でも着ている活動的なデニム、大人っぽいモノクロ、そして元気なイエローと、それぞれ全く違う印象の水着を纏って様々な表情で楽しませてくれる。デニム水着の久松は、キッチンでフルーツを手にして可愛らしいスマイル。イチゴをほおばる姿はまるで子供の頃に戻ったようなあどけなさだ。

 モノクロ水着の久松は、ヘアスタイルも一変してポニーテール姿。寝そべって将棋を指すショットや上に着たキャミソールを脱ぎかけているショットは、「健康的なのにセクシーすぎる」「ツインテ派もポニテ派も大満足させてくれるなんて…!」と見た人を虜に。緑をバックにしたイエロー水着の一枚では、モデルとしても人気の高い久松のスタイルの良さが強調された。

 久松は現在、モデル活動の他にドラマ「ラブラブエイリアン2」や「ROAD TO EDEN」にレギュラー出演中。写真だけでなく映像での久松を堪能したい人は、公式ブログなどで出演情報をチェックしてみては?