タッチ、めぞん一刻、コナン…小学館マンガの“告白シーン”をピックアップしたサイトが話題に!

アニメ・マンガ

2018/2/21

 小学館のスマートフォン向けサイト「マンガで学ぶ! 日本の告白史」がオープン。ネット上では「キュンキュンした!」「ちょっと恥ずかしくなってくるわ」と早くも大きな盛り上がりを見せている。

 同サイトでは小学館で発表された歴代の名作漫画から、“告白シーン”をピックアップして紹介。「告白」といっても実は時代によって様々なスタイルがあり、年代ごとの「告白」を各漫画の名シーンと共に読み解いていく。

 1980年代では『タッチ』と『めぞん一刻』、1990年代は『名探偵コナン』『からくりサーカス』などが登場。また2000年代では実写映画化もされた話題作『ソラニン』など、数多くの作品が展開されている。さらに“伝え方のプロ”として有名なコピーライターの佐々木圭一が、各作品を分析する「告白分析」も掲載。

 サイトを見た人たちからは、「甘酸っぱい思い出がよみがえってくる」「学生時代の告白を思い出して叫びたい気持ちになった」「やっぱりマンガと共に生きてきたんだなって実感する。懐かしさと寂しさが胸に押し寄せてくるね」「『タッチ』の告白シーンは永遠に色褪せることはないだろう」などの声が続出していた。

 なお同サイトでは各作品の試し読みができる上、理想の告白シーンをTwitterでシェアして複製原画がもらえるキャンペーンも展開している。キャンペーンの応募期間は2018年2月28日(水)までで、複製原画には応募者の名前が入る予定。

 サイトを見て日本の告白史を学びながら、懐かしい漫画とともに昔を振り返ってみてはいかが?

■特設サイト:マンガで学ぶ!日本の告白史