リベンジ・ファンタジー作品! サンデー新連載『メメシス』に反響続々

マンガ

公開日:2018/3/3

img01
『週刊少年サンデー』14号(小学館)

 2018年2月28日(水)に発売された『週刊少年サンデー』14号から、新連載『メメシス』がスタート。新たに開幕したファンタジー物語に読者からは「これは期待できる!」と大きな反響が巻き起こっている。

 同作は、“浪速の超新星(スーパーノヴァ)”こと柳生卓哉によるリベンジ・ファンタジー。舞台は、人々が魔物に蹂躙される世界。民衆からは「レオン様さえいてくれれば…」という声が巻き上がるが、ページをめくるとそこには見開きで「この冒険は、せつない─」というコピーとともに、剣を手にした2人の戦士の姿が。そしてのっけから巨大な魔物たちを討ち倒していく。だが2人には、過去にとある許されざるできごとがあり……。

「第1話にしてめっちゃ僕好み」「アホな設定なのに勢いがあってイイね」「単行本出たら買っちゃうってくらい気に入った!」「ファンタジーでもこういう方向性なのね。これは期待できるな」「画力高いしストーリーも面白い!!」と読者はさっそく惹きつけられたようす。

 “勇者レオン”とは何者なのか。アシューとキジラが旅を続ける理由とは。ぜひその目で答えを確かめてほしい。