超人見知り少女が“脱ぼっち”を目指して奮闘!『ひとりぼっちの○○生活』アニメ化に歓喜の声

マンガ・アニメ

2018/4/9


 カツヲによる4コマ漫画『ひとりぼっちの○○生活』がテレビアニメ化されることが決定。「前作のアニメもよかったから楽しみ!」「これはオタク受け間違いなしのアニメになりそう」と期待の声が続出している。

 同作の主人公は、極端に人見知りな少女・一里ぼっち。ぼっちには幼なじみであり小学校で唯一の友達がいたのだが、中学入学前に「中学でクラス全員と友達にならないと絶交する」と約束してしまう。中学1年生になったぼっちは、友人との約束を守るために“脱ぼっち”を目標に奮闘するのだが…。

 ぼっちが不器用にクラスメイトと交流をはかろうとする様子は、「ひたむきで一生懸命で可愛い!」「斜め上の行動に出るぼっちちゃんから目が離せない」「1人ずつ増えていくお友達も個性的で大好き」「応援しているうちに心温まる素敵なお話」と大好評。単行本は現在4巻まで発売されている。

 作者のカツヲは、2018年1月にアニメ化された『三ツ星カラーズ』を手がけた漫画家。『三ツ星カラーズ』は、3人の小学生による正義の組織「カラーズ」が平和な街・上野で活躍する様子を描いた作品だ。アニメは3月に放送終了したが、最終回の直後に『○○生活』のアニメ化を発表。ファンからは「何気にカラーズ面白かったからこれは嬉しすぎる」「こっちのアニメ化も待ってましたー!!」と歓喜の声が続々と寄せられた。

 アニメでぼっちを演じるのは、新人声優の森下千咲。森下は主演を務めるにあたって「ぼっちのひたむきな可愛らしさを表現できるよう全力でアフレコに臨みたいと思います!」とコメント。公式サイトで公開されているCMでは、あたふたと走るぼっちが何かに気づいて恥ずかしそうにカバンに隠れる様子が映し出されている。

 2018年3月27日(火)発売の『コミック電撃だいおうじ』55号では、『ひとりぼっちの○○生活』が表紙に登場。最新話も掲載されているので、アニメの続報を待ちながらこちらもチェックしておこう。