『うたの☆プリンスさまっ♪』『戦姫絶唱シンフォギア』はいかにして作られたか? アニソン界のカリスマが語る仕事術

エンタメ

2018/4/30

 音楽活動20周年を迎えた上松範康の仕事術が語られる、『アニソン・ゲーム音楽作り20年の軌跡~上松範康の仕事術~』が2018年4月20日(金)に発売された。

 著者・上松範康は、水樹奈々や宮野真守が歌う楽曲の作曲・作詞を手がけてきた人物。その他、大ヒットアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪」や「戦姫絶唱シンフォギア」の原作にも携わっている。幅広い活躍を見せている上松は、いかにして作品を作り上げているのか? 今まで作り上げた楽曲や関わったアニメ作品を通し、大ヒットコンテンツを生み出す神髄が初めて明かされる。

 戦友ともいえる声優・水樹奈々との出会いからNHK紅白歌合戦に出場するまでの軌跡や、上松の夢が叶った「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」の楽曲制作に関するエピソードも収録。上松が代表を務める音楽ブランド「Elements Garden」の人材育成術など、多彩なテーマが語られていく。

 佐藤ひろ美や水樹奈々、キングレコードプロデューサー・三嶋章夫やゲームクリエイター・金子彰史との対談も特別収録。天才の本質に迫っていく一冊で、カリスマの仕事術を学んでみよう。

<目次>
Chapter1:音楽のルーツから探る、上松範康サウンド
Chapter2:戦友・水樹奈々~高め合っていくふたりの天才~
Chapter3:「うたの☆プリンスさまっ♪」はこうして生まれた
Chapter4:「戦姫絶唱シンフォギア」で変えた業界の常識
Chapter5:「BanG Dream!」エレガ流ガールズバンドの作り方~
Chapter6:「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」~ファイナルファンタジーの音楽を創りたい!~
Chapter7:これからの上松範康とElements Garden

上松範康(あげまつ・のりやす)
音楽ブランド「Elements Garden」の代表、作詞・作曲・編曲家、音楽プロデューサー。「BanG Dream!(バンドリ!)」など、ゲーム・アニメ作品の作詞・作曲などを手掛けるほか、水樹奈々をはじめとする多数のアーティストへの楽曲提供を行っている。また「うたの☆プリンスさまっ♪」や「戦姫絶唱シンフォギア」では企画・原作や音楽プロデューサーを務めるなど、幅広く活動している。

※掲載内容は変更になる場合があります。