安室透が主人公! 青山剛昌完全監修、『コナン』公式スピンオフ連載スタートにファン大興奮

マンガ・アニメ

2018/5/13

img01.jpg
『週刊少年サンデー』24号(小学館)

 2018年5月9日(水)に発売された『週刊少年サンデー』24号から、青山剛昌完全監修の『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』が連載を開始。読者からは「最高すぎて言葉にならない…」「布団の中で読んで悶えまくったわ!」と大反響が巻き起こっている。

 同作は、『名探偵コナン』に登場する人気キャラクター・安室透を主人公にした公式スピンオフ。“3つの顔(トリプルフェイス)”を持つ男の日常を、『ダレン・シャン』などで知られる新井隆広が漫画化した。

 巻頭カラーの見開きページでは、ビル屋上のヘリポートでヘリコプターの風を受けながら仁王立ちする安室の姿が。片手に銃を握りしめ、敵と対峙したような鋭い眼光を放つ構図になっている。

 本編ではタイトル通り、安室の生活感が垣間見える朝の日常風景からスタート。安室が働く「喫茶ポアロ」では、ふとした挙動から先読みした行動を見せるなど、本シリーズと同じように頭脳明晰な姿を次々と見せていく。

 人気キャラ・安室透の公式スピンオフとあって、ファンは興奮を隠しきれないようす。「日常と書いてティータイムって、タイトルの時点でお洒落すぎじゃない!?」「ゼロの日常、ヤバすぎてしんどい…」と黄色い歓声が続出。中には「超楽しみにしてたのにサンデー売り切れてた(泣)」「コンビニにサンデーなかったんだけど、これ絶対に安室さん効果でしょ」という報告も出ている。

 現在劇場では、安室をキーパーソンにしたアニメ映画「名探偵コナン ゼロの執行人」が大ヒット公開中。巻頭カラーでは同映画の大特集も組まれているほか、「安室透ポストカード」も付録されている。まさに“安室尽くし”で、ファンにはたまらない1冊になりそうだ。