色っぽくて可愛い“抜け顔”の作り方♪ 自分史上最高に可愛くなれる「引き寄せメイク」って?

健康・美容

2018/5/19

 人気ヘアメイクアップアーティスト・高橋有紀のメイクテクニックを紹介する、『引き寄せメイク #自分史上最高に可愛くなる』が2018年5月10日(木)に発売された。

 同書は、「鉄板」メイクのコツだけを厳選。シンプルなのに、今までの常識を打ち破る“絶対に可愛くなれる秘訣”を紹介していく。

img02.jpg
藤井サチ

 カバーの内田理央をはじめとして、藤井サチ、わたなべ麻衣、藤田ニコル、尾崎由香、横田真悠、菅本裕子(ゆうこす)といった7人がモデルとして登場。様々な表情を覗かせているが、変えているのはアイシャドウやチーク、リップの色ぐらいで、すべて同じテクニックでメイクしている。

img03.jpg
わたなべ麻衣

img04.jpg
尾崎由香

 人気モデルから一般の人まで、意外にも可愛くなるためのポイントは共通しているので、色々な技を駆使しなくても大丈夫。たくさんの女性をメイクしてきた高橋が、そのポイントを丁寧に伝える。これまでに色々なメイクを試して失敗してきた人でも大丈夫。最高のテクニックをひとつ知っておけば、自信が生まれるはずだ。

img05.jpg
横田真悠

img06.jpg
菅本裕子(ゆうこす)

たくさんの女の子が「私は○○だから」と決め付けています。昔の私自身がまさにそのタイプでした。もともと肌が弱く敏感で、素肌にも自信が持てずに、メイクをしても可愛くなれない… と諦めていたんです。けれどメイクの力を信じてから、人生が大きく変わり始めました。ありがたいことに、「有紀さんのメイクは絶対に可愛くなれる!」と指名オファーもたくさんいただいています。確かに生まれつきの造作は変えられないけれど「可愛くなりたい」という前向きな想いは表情に表れます。そして、メイクがその想いをアシストします。肌や目、唇といった素材に丁寧に手を加えることで顔立ちは際立ち、目はキラキラと輝いて、唇はぷっくり魅力的に、かわいらしさは確実にアップします。カギを握るのは、誰かと比べることではなく、自分史上一番可愛くなること。“素材の正しい生かし方”なのです。著者前書きより

 同書ではモデルたちが実践する、「美人」を引き寄せる日々の習慣もレクチャー。モデルや女優から圧倒的支持を集めるメイク術で、幸せを引き寄せよう。

<絶対可愛くなれる「鉄板」ワザ>
・ファンデは肌色より1段階「明るく」が正解
・フェイスパウダーはミニマムでOK
・アイシャドウはブラウン1色あればOK
・マスカラはボリュームよりカールタイプを
・眉はうぶ毛を抜かない
・赤リップは直塗りカジュアル など

高橋有紀(たかはし・ゆき)
ヘアメイクアップアーティスト。ヘアサロン「Lysa」代表。“ガーリーで色っぽい、なのに盛りすぎないで素顔みたいに可愛くなれる”メイクに定評があり、モデルや女優から指名が絶えない人気アーティスト。芸能界だけでなくサロンワークやセミナーでも、たくさんの女の子が可愛くなれるヘアメイクを伝授している。著書に『いきなりケ夕違いにかわいくなる』など。

※掲載内容は変更になる場合があります。