「平凡に生きる」ことが目標の男子高校生が出会ったのは……ジャンプ新連載『アリスと太陽』に反響続々

マンガ・アニメ

2018/7/5

img01.jpg
『週刊少年ジャンプ』31号(集英社)

 2018年7月2日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』31号から、新連載『アリスと太陽』がスタート。読者からは早くも「部活がテーマのジャンプ作品とか面白そう」「これは期待できる!」と反響が続出している。

 同作は平凡に生きることを夢見る高校生・涼木太陽が主人公。彼の趣味は音楽で、その熱意は電車内でもパソコンで作曲に打ち込むほど。文化祭を前にしたある日、涼木は帰国子女で転入生の篠原アリスに出会う。学校唯一の軽音部員であるアリスは涼木を誘い、陰陽対照的な2人が音楽に青春を捧げていく―。

 読者からはさっそく反響が続出しており、「終盤エモすぎて電車の中で鳥肌立ってしまった」「手がジャンプのインクで真っ黒になるまで読みたい」「読み切りから好きだったから、連載になって本当に嬉しい…」と喜びの声が上がった。

 読み切りを経て新連載となった同作は、一体どんなストーリーを紡いでいくのだろうか。ぜひ注目していこう。