三百路の魔女に元騎士のSランクモンスター!? 『ヤングアニマル』コミックス新作に反響続出! 発売後に緊急重版も!

マンガ・アニメ

2018/12/1

 青年漫画雑誌『ヤングアニマル』で連載されている、『魔女は三百路から』『Sランクモンスターの≪ベヒーモス≫だけど、猫と間違われてエルフ娘の騎士(ペット)として暮らしてます』の第1巻が2018年10月29日に発売された。読者から注目を集める2作品は、発売後に緊急重版がかかったほど。ネット上では「魔女の私生活がアラサーの私に刺さりすぎる」「エルフちゃんがエロすぎてベヒーモスが羨ましい…」といった声が上がっている。

 原作・原田重光、作画・松本救助による『魔女は三百路から』は、一見地味めな三百路(みおじ)魔女・黒川御影の“おひとり様”生活を描いた日常コメディ。普通のOLとして会社に勤める御影は、架空の彼氏との「妄想フォト」を更新する孤独な日々を送っていた。しかしそんなある日、妄想上の彼氏にそっくりな新入社員の小林くんが入社してきて―!?

 同作は、作画の松本がTwitterに投稿した第1話が大きな話題に。松本のツイートには「めちゃめちゃ面白くて電子版で速攻で購入しました!」「魔女らしさを残しつつ、時代に合わせて生きていく姿にキュンキュンする」「まるで自分みたいで心にグサグサときます(笑)」と多数のリプライが寄せられていた。

 『Sランクモンスターの≪ベヒーモス≫だけど、猫と間違われてエルフ娘の騎士(ペット)として暮らしてます』は、「小説家になろう」発の大人気小説を東雲太郎がコミカライズした作品。同作の主人公は、元騎士だが転生したことで最高ランクS級のモンスター≪ベヒーモス≫に。しかしまだ幼体のため見た目は子猫そのもの。そんな主人公と主人公を拾った美少女エルフ娘の冒険を描いた異世界ファンタジーだ。

 1巻を読んだ読者からは「いい意味で予想を裏切ってくれる。続きが楽しみな作品です」「単純な“俺TUEEEE”系じゃないのが新鮮で面白い!」「安心と信頼の東雲太郎先生なので、絵もめちゃくちゃきれい。テンポが良くてサクサク読めるのもおススメです」と好評の声が続出している。

 今回紹介した2冊は、『ヤングアニマル』で絶賛連載中。話の続きが気になる人は、単行本と合わせてぜひ本誌もチェックしてみては?

この記事で紹介した書籍ほか