真木よう子がどんな相手にも臆せず正論を吐く!『この女に賭けろ』20年の時を経て初実写化!

エンタメ

2018/12/9

 真木よう子主演のビジネスドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す! ~この女に賭けろ~」が、2019年1月からスタートする。この知らせにネット上では「バリキャリな真木よう子、絶対にカッコいい!」「どんなドラマになるのか今から楽しみ」といった声が続出中だ。

 同作は、「働く」ことをテーマにしたテレビ東京の新ドラマ枠「ドラマBiz」の作品。1993年から1997年にかけて『モーニング』で連載された漫画『この女(ひと)に賭けろ』が原作となっている。

 物語の舞台は、とある都市銀行。主人公の原島浩美は3年前、正義感が強いあまりとある事件を起こしてしまう。その事件がきっかけで系列会社に出向していたが、銀行の“輝く女性プロジェクト”の施策で業績不振にあえぐ台東支店の法人営業課長に大抜擢。支店の立て直しを命じられた浩美は、大胆な発想と行動力で上り詰めていく。

 20年の時を経て実写化された同作に、ファンからは「やっと実写化ですよ… 20年以上待ってました!」「原作の大ファンだから本当に楽しみ!!」といった声が。

 同作は「ドラマBiz」枠初の女性主人公作品となっており、主人公・浩美役には事務所移籍後連続ドラマ初主演となる真木をキャスティング。真木が演じる浩美はどんな相手にも臆せず正論を吐き、お客様第一の銀行員として真っ当に仕事を進めていく。真木は浩美に関して「私が演じる原島浩美は物腰穏やかで、且つ天性の銀行職員という印象を受けました」とコメント。さらに「とにかく、真木よう子を崩して、『エンターテインメント』のドラマをより多くの方々にお楽しみ頂ける様、頑張らせていただきます」と強い意気込みを語っている。

300

 真木演じる浩美がどのような活躍をみせるのか、今から楽しみにしていよう。

■ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す! ~この女に賭けろ~」
放送:2019年1月スタート 毎週月曜日夜10時放送
原作:作・周良貨、画・夢野一子
主演:真木よう子
監督:星野和成、小野浩司
脚本:西田征史
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/harashimahiromi/