落合陽一が選んだ、次の時代に残したい平成の1冊は?

文芸・カルチャー

2018/12/30

メディアアーティストとして活躍する落合氏と、元東京都知事で作家の猪瀬直樹氏が「2021」以後の日本のビジョンを議論。 山積する社会課題を解決し、新しい時代を構想するために必要なこととは。ビジョンを描いて汗をかく実践者ふたりによる、社会を変えるヒントが詰まった1冊。 『ニッポン2021-2050 データから構想を生み出... 続きを読む