「続編に続きアニメ化まで決まるとは!」『真・中華一番!』再アニメ化に歓喜の声続出

マンガ・アニメ

2019/2/14

img01.jpg
(C)小川悦司・講談社/ 「真・中華一番! 」製作委員会

 90年代に一世を風靡した料理漫画『真・中華一番!』が、新しいビジュアルで再アニメ化されることが明らかに。ファンからは「思い出の作品がもう1度見られるなんて嬉しい!」「続編に続きアニメ化まで決まるとは思わなかった」と歓喜の声が相次いでいる。

 小川悦司が手がける同作は、十九世紀の中国を舞台に、主人公の劉昴星(リュウ・マオシン)が仲間たちと冒険しながら一人前の料理人を目指す物語。当初は『中華一番!』というタイトルで連載されていたが、連載誌の移行に伴い『真・中華一番!』とタイトルを変更。1997年に初めてアニメ化され、「このアニメで中華を学んだといっても過言じゃない」「漫画もアニメも料理シーンがかっこいい」「いつ読んでも表現の斬新さに驚かされる」と今でも絶賛の声が後を絶たない。

 アニメの公式サイトでは、マオとマオの一番弟子・シロウ、そしてマオが入門した「陽泉酒家」副料理長の一人娘・メイリィのキャラクター設定画を公開。小川からのお祝いイラストも掲載されており、喜ぶマオとメイリィの側に「祝アニメ化!」「春節快楽!」と添えられている。アニメのスタッフも明かされ、監督を川崎逸朗、キャラクターデザインを長谷川早紀が担当。制作協力にはProduction I.Gが参加しており、「設定画が原作に忠実でクオリティ高い」「キャストや主題歌も気になる」「リバイバルブームの波に乗ってヒットするといいな」とアニメファンから期待の声が寄せられた。

 小川は現在、WEB漫画サイト「マガジンポケット」で『中華一番! 極』を隔週連載中。アニメが待ちきれない人はチェックしてみては?

■アニメ「真・中華一番!」
原作:小川悦司『真・中華一番!』(講談社「週刊少年マガジン」所蔵)
監督・シリーズ構成:川崎逸朗
キャラクターデザイン:長谷川早紀
アニメーション制作協力:Production I.G
アニメーション制作・制作:NAS
(C)小川悦司・講談社/ 「真・中華一番! 」製作委員会
公式サイト:http://cookingmaster-anime.jp/

◆「マガジンポケット」公式サイト:https://pocket.shonenmagazine.com/