「セクシーすぎて…」“ミスマガ”沢口愛華&岡田佑里乃の「マガジン」初グラビアに大反響

エンタメ

2019/2/17

img01.jpg
『週刊少年マガジン』11号(講談社)

 2019年2月13日(水)発売の『週刊少年マガジン』11号では、表紙と巻頭グラビアに「ミスマガジン2018」グランプリの沢口愛華と「ミス週刊少年マガジン」の岡田佑里乃が登場。「2人とも初めて見た時より可愛くなってる!」と歓喜の声が続出している。

「ミスマガジン」は、『マガジン』と『ヤングマガジン』で開催されるグラビアコンテスト。7年ぶりに実施された2018年のコンテストでは、沢口や岡田を含む5人のニューヒロインが誕生した。

『マガジン』初登場となる2人のグラビアは、グアムで撮影された水着ショットを中心にお届け。カラフルな水着でプールで遊ぶ姿や、2人で水をかけあってはしゃいでいる瞬間が切り取られている。グアムの街を背景にしたショットでは、ビキニにショーパンというスポーティーな雰囲気。挑発的な視線でショーパンに手をかけている1枚は、「セクシーすぎて直視できない」「谷間と太ももが素晴らしすぎる!」「初登場とは思えない天才的なポージング」と大好評だ。

 ソロページでは、真っ白な水着をまとってベッドルームとバスルームで撮影された写真が満載。沢口は10代とは思えない大人びた色気を見せ、岡田はピュアであどけない笑顔を披露している。グラビアの後半では、白いワンピース姿の2人が海に入っているシチュエーションも登場。前半の元気でポップな雰囲気とは一変した儚い表情には、「表現力あるんだなぁ2人とも」「どっちも違う魅力があるよね!」「今後の活躍が楽しみ」と絶賛の声が上がっている。

 岡田のインスタグラムにはグアムロケのオフショットが多数投稿されており、買い物や観光を楽しむ岡田の姿が。撮影の感想やこれからの意気込みについても語られているので、グラビアで彼女が気になった人は要チェックだ。一方沢口はアイドルユニット「dela」のメンバーとしても活動しており、3月27日(水)にはファーストソロ写真集の発売も決定。ツイッターでは発売に先駆けて一部の写真が公開されているのだが、グラビアとは全く違った雰囲気の仕上がりになっている。

「ミスマガ」を経て進化し続ける2人の美少女から、今後も目が離せない。