高校ラグビー漫画『トライナイツ』が阪本奨悟&KENNでアニメ化決定!「新しいラグビーブーム来るんじゃない!?」

アニメ・マンガ

2019/3/23

img01
『トライナイツ』1巻(キャラクター原案:宝井理人、シナリオ:矢野俊策、漫画:衿沢千束/KADOKAWA)

 高校ラグビーを題材にした漫画『トライナイツ』が、2019年夏にアニメ化。メインキャラを演じる2人の声優も発表され、「ラグビーものってすごく気になる!」「夏の楽しみがまた増えたぞ」と期待の声が寄せられている。

 『月刊コミックジーン』で連載中の同作は、宝井理人のキャラクター原案と矢野俊策のシナリオを衿沢千束が漫画化した作品。高校に進学したばかりの男子・遥馬理久(はるま りく)が、自分と正反対の男子・狩矢光(かりや あきら)との出会いをきっかけに高校ラグビーの世界に身を投じていく物語だ。理久は一度ラグビーの道を諦めていたのだが、光の持つラグビー選手としてのポテンシャルに希望を見出すように。理論型の理久と感情型の光は反発することも多いが、試合を通してよき相棒となっていく―。

 原作の連載は2018年6月に始まったばかりだが、「スポーツ漫画とは思えないくらい絵が美麗」「ラグビーのこと知らなくても楽しめる」「今まで抱いていたラグビーのイメージが覆された」と読者に大好評。また、2019年のラグビーワールドカップは日本で開催されることもあり、ラグビー好きからも注目を集めていた。

 アニメで理久を演じるのは、ミュージカル『テニスの王子様』やアニメ『王室教師ハイネ』などに出演してきた阪本奨悟。光役はアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』で人気を集めたKENNが務める。2人ともラグビーは未経験だが、阪本は「この作品に触れさせて頂きその競技の面白さ、奥深さに気付かされました」とコメント。KENNは「僕自身も成長できるよう全力でトライしたいと思います!!」と意気込みを明かした。

 公式サイトで公開されたティザービジュアルは、制服姿の理久と光の姿。「阪本さんとKENNさんの組み合わせとか絶対見たい」「キャラデザの時点でもう好きになるって確信した」「新しいラグビーブーム来るんじゃない!?」など、アニメ好きからは歓喜の声も後を絶たない。コミックスの第1巻と第2巻は、3月27日(水)に発売。アニメの放送を待ちながら原作もチェックしておこう!

■アニメ「トライナイツ」
漫画:衿沢千束
キャラクター原案:宝井理人
シナリオ:矢野俊策
出演:阪本奨悟、KENN
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/tryknights/

◆「トライナイツ」原作公式サイト:https://www.ntv.co.jp/tryknights_union/

img02
『トライナイツ』2巻(キャラクター原案:宝井理人、シナリオ:矢野俊策、漫画:衿沢千束/KADOKAWA)