『天使1/2方程式』約3年ぶりの新刊に「この日をどれだけ待っていたことか!」とファン歓喜! SPまんが小冊子付き特装版も発売!

マンガ・アニメ

2019/4/6

img01
『天使1/2方程式』8巻(日高万里/白泉社)

 2019年3月20日(水)に、『天使1/2方程式』第8巻が発売された。3年ぶりの新刊は通常版とSPまんが小冊子付き特装版の2パターンで登場し、「この日をどれだけ待っていたことか!」「おまけの漫画まで全ページ面白い」と歓喜の声が続出している。

 作者の日高万里は、『ひつじの涙』『V・B・ローズ』などを手がけてきた漫画家。『世界でいちばん大嫌い』をはじめとする“秋吉家”シリーズが人気で、『天使1/2方程式』は秋吉家の新たな世代が描かれていることでも話題だ。

 『天使1/2方程式』は、白泉社公式アプリ「マンガPark」で連載中のラブストーリー。高校2年生の高垣ゆい子が、学園内でも人気の男子“マナ様”こと杉本真那と出会う物語になっている。おしゃれに気を遣っているゆい子の悩みは、ハネやすい髪とガサガサの唇。その悩みを解決するため、美容師の家に育った真那からリップケアとコスメのノウハウを教わることに―。

 連載は『花とゆめ』でスタートし、長期休載を経て2018年に「マンガPark」へ移籍。連載再開が決定した際は、「日高先生もゆい子ちゃんもおかえりなさい」「復活してよかった~!」「これからはスマホでも読めるなんて嬉しすぎる」と日高の帰還を喜ぶファンが相次いだ。

 今回発売された第8巻は、前巻から約3年ぶりの新刊。特装版には48ページの小冊子が付録し、描き下ろし含む単行本未収録のショート漫画や日高の代表作『世界でいちばん大嫌い』のショート漫画などが収録されている。

 本編にはゆい子が自分と同じ悩みを持つ少女を、真那直伝のヘアアレンジで救うエピソードなどを収録。読破した人からは「終始まっすぐなゆい子ちゃんが可愛かった」「ライバルキャラのその後もしっかり描かれているから読んでて気持ちいい」「小冊子も含めて日高先生ファン必見の1冊」と、絶賛の声が続々と上がっている。

 「マンガPark」では現在、毎週土曜日に最新話を更新中(本編は月2更新)。第1話、そして本編の合間に描かれるおまけ漫画は無料公開中なので、気になる人はチェックしてみては?

◆「マンガPark」公式サイト:https://manga-park.com/