「巻頭から与田×筒井コンビは強すぎる!」『マガジン』24号の乃木坂ジャックに与田祐希と筒井あやめが登場!

エンタメ

2019/5/17

img01
『週刊少年マガジン』24号(講談社)

 2019年5月15日(水)発売の『週刊少年マガジン』24号では、表紙&巻頭グラビアに乃木坂46の与田祐希と筒井あやめが登場。巻頭全12ページに渡るツーショットグラビアが掲載され、「巻頭から与田×筒井コンビは強すぎる!」「今週の『マガジン』最高だな」と歓喜の声が沸き起こっている。

 3号連続グラビアジャック企画のラストを飾る今回は、巻頭・巻中・巻末の全20ページを乃木坂がジャック。3期生の与田は過去にも『マガジン』の巻頭グラビアを飾り、「あまりにも可愛すぎて衝動買いしてしまった」と注目を集めた。一方筒井は4期生で、グループ内では最年少。14歳ながらも強い存在感を放ち、乃木坂ジャックのフィナーレを飾ることに。

 グラビアは寝そべる与田に、筒井がもたれかかるショットから始まる。さらにページをめくると場面は変わり、春らしい服装に身を包んだ2人のツーショットが。与田は柄つきの白いブラウスに赤いスカートを合わせ、筒井は黄色のニットと紺色スカートで春めいた印象を醸し出している。

 なかでも注目を浴びていたのが、6ページ目の“手つなぎショット”。ここでは与田がツインテール、筒井はポニーテール姿を披露し、読者からは「最年少ガールのあやめちゃんに対して、さらに妹感出してくる与田ちゃんがたまらない!」「3期生の与田ちゃんより4期生の筒井ちゃんの方が大人っぽい(笑)」「与田ちゃんのツインテめっちゃ好き!」と絶賛の声が後を絶たない。

 また1期生・齋藤飛鳥による「Asuka’s memo」では、「(与田は)常にオドオドしているので、そんな時はそっと手を握るとヨシです」「(筒井は)どなたに聞いても『おとなしい』『落ち着きがある人』だと言われるのですが、ちゃんと普通の14歳だと感じています」とコメント。ちなみに齋藤は与田を「よだっちょ」、筒井を「あやめさん」と呼んでいるそうだ。

 グラビアジャック企画は今回で終わりを迎えたが、与田と筒井の躍進は今後も止まらない。これから共に活躍していく二人から、ますます目が離せなくなるだろう。