『50歳からのおしゃれを探して』に学ぶ、年齢を重ねてもおしゃれでいるための「気持ちの持ち方」って?

暮らし

2019/11/22

『50歳からのおしゃれを探して』(後藤由紀子/KADOKAWA)

 猛暑が続いた今年の夏でしたが、短い秋を過ぎて冬の気配が近づく今日この頃。重ね着したり、コートを羽織ったりと、おしゃれが楽しくなる季節です。

 でも「去年まで着ていた服がしっくりこない……」。衣替えしたときに、こう感じることもありますよね。

 若いときは、好きだと思った洋服を気合いと若さで着こなせたものの、大人になるにつれて、体型のくずれが気になったり、肌がくすんだりで「こんなデザインはもう着られない」と思ってしまう。こうして年齢を重ねるごとにおしゃれに後ろ向きになる方はとても多いようです。

 今回ご紹介する『50歳からのおしゃれをさがして』の著者・後藤由紀子さんもその一人。本の中では、おしゃれがおっくうだった時代を経て、50代になってもう一度おしゃれに対する気持ちを盛り上げるようになるまでのことを綴っています。ここでは、本の中で紹介されている、誰もがおしゃれに前向きになるための気持ちの持ち方を一部紹介します。

1 似合わない服はさっさと手放す

 「以前はボーダーのカットソーばかり着ていた」と後藤さん。でも40歳を超えたあるとき「すごく似合わない」ことに気がついたそう。またジョン・スメドレーという高級ニットのSサイズを自分へのご褒美として1年に1枚買い集めていたそうですが、体型の変化からSサイズが似合わなく感じたのだといいます。

 最初は事実を認められなかった後藤さんですが、あるとき決意し、ボーダーカットソーも高級ニットもフリーマーケットですべて売ってしまったのだそう。そうすることでもう一度クローゼットに隙間ができて、似合う服を探す気持ちになったのだとか。

「大人こそ明るい色を見につけるのは正解です」と後藤さん

2 軽い服、軽いバッグにチェンジ

 高級なダッフルコートなど、質のいいコートは生地の厚みから重いことが多いもの。またデザイン性の高いバッグも同様に、飾りや質のいい革のせいかどっしりとしていることが多いようです。

 年齢を重ね、重いものを身に付けることが苦痛に感じるようになった後藤さんは、コートやバッグも軽いものにチェンジ。とくにバッグは本物志向だったので、それまでは本革のバッグが主流でしたが、合革や布バッグも視野に入れ、「持つときにラクかどうか」で選ぶように。こうすることで、フットワークも軽くなったり、自分に合うものを探す楽しさを再度思い出したのだそう。

シルク素材の羽織りは軽くて大人の女性にぴったり

3 外に出られる自分でいつもいること

 おしゃれに億劫になると、外出しない日は一日中寝巻きでいたり、ジャージやスウェットなど楽な部屋着で一日過ごしたりと、ラクな格好に逃げがち。でも宅配業者やご近所の方が訪ねてきたときに、出られない格好でいて、あわててしまうのは大人として少し恥ずかしいし、自己嫌悪に陥りがち。

 後藤さんの基準ではいつも気合いの入ったおしゃれをする必要はないけれど、「近所にお茶しに出かけられる格好」を最低ラインにするといいとのこと。この基準を自分の中で持っていれば、おのずとおしゃれな自分を保てるようになるそうです。

ニットにスカートに軽いバッグ。これならお茶に出かけられます

4 おしゃれの先輩をもつ

 本の中では後藤さんがおしゃれだと思う、10人に取材をして、それぞれのおしゃれの基準を語ってもらっています。後藤さんと同世代の50代前半の方から、上は83歳のギャラリーオーナーまで、全員がおしゃれの超上級者! インタビューすることで、何歳になってもおしゃれすることを楽しんでいいんだ、という前向きな気持ちになったそう。

 「周りに年上のおしゃれな方がいたら観察してみるといいですよ。おしゃれだと感じる部分を分析することで、自分のおしゃれに生かせるようになり、自分の個性につながると思う。何歳になってもおしゃれって楽しいものですよ!」

著者:後藤由紀子
静岡・沼津で器と雑貨の店「hal」を営む。暮らしの中で自分が心から「いい」と思ったもののみを店に並べる。二人の子供は、大学生と短大生となり、子育てもひと段落。暮らしの工夫や気づきを綴った飾らないエッセイも好評で著書多数。

11月24日(日)13時より、TSUTAYA BOOKSTORE岡山駅前店で「後藤由紀子さんトークイベント 〜50歳からのおしゃれを探して〜」を開催。ある時訪れた“似合う服がない!”病を克服するため、10人の先輩を訪ねた自身の近書『50歳からのおしゃれを探して』の中から最高齢は83歳!の個性溢れる女性たちのファッション観・人生観をご紹介。本作りの裏話やおしゃれ迷走期の愉快なエピソードも必聴です。
大人のファッションの楽しみ方を見つける機会に。ぜひご参加ください。イベントの詳細は、TSUTAYA BOOKSTORE岡山駅前店イベントホームページ(https://www.tsutayabookstore-okayamaekimae.jp/event/20191124event/)でご確認を。