「マガジンにデスゲーム系って久々で嬉しい」『週刊少年マガジン』1号から始まった新連載『死神サイ殺ゲーム』が大好評

マンガ・アニメ

2019/12/5

屍領域(1) (講談社コミックス)

著:
出版社:
講談社
発売日:
『週刊少年マガジン』1号(講談社)

 2019年12月4日(水)発売の『週刊少年マガジン』1号から、新連載『死神サイ殺ゲーム』がスタート。死神や賭博というダークな要素満載のストーリーが繰り広げられ、「マガジンにデスゲーム系って久々で嬉しい」「これは期待できるかも!」と話題になっている。

 巻頭カラーで掲載された同作は、『首を斬らねば分かるまい』『ストーカー行為がバレて人生終了男』の門馬司(原作担当)と『屍領域』の大前貴史(漫画担当)がタッグを組んだ作品。物語は、高校3年生の神沢正心が父や妹と車に乗っている場面から始まった。

 正心は疑問に思ったことは何でも答えを追求しなければ気が済まない性格で、得意なことはクイズ。車の中でも妹が出す問題に次々と答え、楽しい時間を過ごしていた。しかし運転していた父が突然意識を失い、車がガードレールに衝突。正心は軽傷で助かったが、父と妹は生死の境をさまようことになってしまう。病院から1人で帰宅した正心は、妹の部屋で謎のサイコロを発見。中から現れた死神・バッチと妹の命を賭けた契約を結ぶ。

 バッチの言う契約とは、サイコロの決まった目が出れば願いを叶えるというもの。しかし違う目が出れば妹は死に、さらに1の目が出れば妹も自分も死んでしまう。かなりハイリスクな契約だが、正心は思い切って契約。望み通りの目を出し、妹を救うことに成功した。正心が父ではなく妹を助けたのは、サイコロを持っていた彼女からバッチのことを聞き出すため。妹が意識を取り戻したという連絡を受け、正心はバッチを置いて病院へと出かけていく。

 サイコロで運命が決まるという契約は、「単純だけどスリリングで面白い」「凝ったゲームじゃなくて完全に運勝負ってところがいいね」「絶妙に勝てそうなルールなのがドキドキする」と読者に大好評。「死神の謎が多くてめっちゃ気になる」「この先どんなゲームが待ってるの!?」と、今後の展開に期待する声も数多く上がっている。

 ラストシーンには、バッチ以外の死神らしきキャラクターも多数登場。死神と契約した正心にはどんな運命が待ち受けているのだろうか。

この記事で紹介した書籍ほか

屍領域(1) (講談社コミックス)

著:
出版社:
講談社
発売日:
ISBN:
9784065103838