「ヤバい、めっちゃ可愛い!!」『サンデー』6号、『よふかしのうた』新章突入&新キャラ登場に歓喜の声続出!

マンガ・アニメ

2020/1/9

『週刊少年サンデー』6号(小学館)

 2020年1月8日(水)に発売された『週刊少年サンデー』6号では、『よふかしのうた』が表紙に登場。本編では新章突入と同時に新たなキャラクターが現れ、「ヤバい、めっちゃ可愛い!!」と注目を集めている。

 同作は、吸血鬼になりたい少年・夜守コウと本物の吸血鬼・七草ナズナが“夜遊び”を楽しむ物語。第19話となる今回のエピソードでは、1人で夜の街に繰り出したコウが以前出会った女性・白河清澄と再会した。

 仕事終わりだという清澄は、「私ね、夜守くんにお礼を言いたかったんだ」と告白。以前コウに言われた言葉で気が楽になったと言って、コウに缶ジュースを差し出す。コウが戸惑いながら缶を受け取ると、清澄は「七草さんにもよろしくね」とその場を後に。彼女と別れた直後、突然土砂降りの雨が降り出した。

 喫煙所に逃げ込んで雨宿りをしていると、離れたところに制服姿の女子が。女子はスーツの男性からのナンパを断ってから、なぜかコウの方に近づいてくる。ナンパ待ちしていたという彼女に危機感を抱くコウだったが、「全然楽しくない」「刺激が無い」という言葉を聞いて思わず「俺もそうだから!」と共感。すると彼女はコウを抱きしめ、コウの首筋に噛みつこうとしてきた。

 そこへ現れたのは、今まで連絡が取れなかったナズナ。ナズナは女子の片腕を切り落とし、「なにヒトのエモノに手ェ出してんだァ? クソビッチが」と罵倒する。どうやらこの女子も吸血鬼で、コウの血を狙っていた様子。思いがけない形で現れた新キャラには、読者から「バトルっぽい展開になってきた…!?」「まさかこの子も吸血鬼だったとは」「腕が転がったの超びっくりした」と驚きの声が相次いでいる。

 まだ名前も明らかになっていないが、「ナズナちゃんとは違うエロさだ…!!」「最推しキャラになるかも」といった歓喜の声も。果たしてナズナとはどういう関係なのか、次回も見逃せない。

img02
『よふかしのうた』1巻(コトヤマ/小学館)

この記事で紹介した書籍ほか