「酒場に詳しい美人の先輩って最高じゃない?」アットホームな“コの字酒場”を舞台にしたドラマ「今夜はコの字で」第1話が大好評

マンガ・アニメ

2020/1/12

『今夜はコの字で』(原作:加藤ジャンプ、漫画:土山しげる/集英社インターナショナル)

 2020年1月6日(月)に、ドラマ「今夜はコの字で」の第1話が放送。浅香航大演じる主人公・吉岡としのりと中村ゆり演じるヒロイン・田中恵子が、「見ててニヤニヤしちゃう」「2人とも魅力的で最高!」と大好評だ。

 加藤ジャンプと土山しげるによる漫画を原作とした同ドラマ。今回のエピソードは、吉岡が大学時代のサークル仲間から誘われた飲み会に遅刻する場面から始まる。急な仕事をあわてて片付けて居酒屋へ急いだ吉岡だったが、飲み会は既に解散した後。肩を落としながら居酒屋を見回すと、憧れの先輩・恵子の姿が目に入る。

 フードコーディネーターとして働く恵子は、飲み会が終わった後も飲み足りないといって残っていた様子。初対面の人と和気あいあいと飲み続ける恵子に驚きながら、吉岡も同席することになった。遅刻した理由である職場の後輩について愚痴をこぼす吉岡を見かねた恵子は、「今の君にとって、必要な場所だと思うよ」と1軒の店を紹介。翌日教わった通りの場所に足を運ぶと、そこには「だるま」という昭和の雰囲気漂う居酒屋があった。

 さっそく居酒屋の暖簾をくぐった吉岡は、チェーン店とは異なる賑わいに困惑。生ビールを注文してからメニューを眺めていると、隣に座っていた常連客がおススメを教えてくれる。最初は慣れない空気に戸惑っていた吉岡だったが、次第に打ち解けて会話を楽しむように。店を出てから「めちゃ最高でした!」と恵子に報告すると、恵子は「だるま」のように“コの字”のカウンターがある酒場には色々な出会いがあると語った。

 「先輩、俺なんかコの字酒場ハマりそうです」と宣言し、晴れ晴れとした表情で歩き出す吉岡。視聴者からは、「ぎこちない吉岡くんの表情が柔らかくなっていくのが良かった」「酒場に詳しい美人の先輩って最高じゃない?」「こんなの見たら呑まずにはいられない」といった声が相次いでいる。

 今回登場した「だるま」は清澄白河に実在するコの字酒場。この先吉岡はどんなコの字酒場と出会っていくのだろうか。

■ドラマ「今夜はコの字で」
原作:加藤ジャンプ、土山しげる
プロデューサー:小林教子、瀧川治水、湊谷恭史、石井光雄
監督:久万真路、岩渕崇
出演:中村ゆり、浅香航大 ほか
公式サイト:https://www.bs-tvtokyo.co.jp/konoji/