「続きを読みたかったからこれからが楽しみ!」『マガジン』9号、読み切り企画から始まった吉河美希の新連載『カッコウの許嫁』が好評

マンガ・アニメ

2020/1/31

『週刊少年マガジン』9号(講談社)

 2020年1月29日(水)発売の『週刊少年マガジン』9号から、吉河美希の新連載『カッコウの許嫁』がスタート。読み切り企画から連載を勝ち取った作品とあって、「続きを読みたかったからこれからが楽しみ!」と期待の声が寄せられている。

 作者の吉河は以前、同誌の創刊60周年記念企画として新作読み切りを3本発表。読者からアンケートを募り、連載作品を決めるという企画を行っていた。『カッコウの許嫁』は3本目として掲載されたもので、“取り違え子”から始まるラブコメディ。読者からは「ヒロインが超絶かわいい」「出会い方がユニークで面白かった」「タイトルからキャラデザから全部が好き」と絶賛の声が続出し、見事連載化が決定している。

 連載第1話目で描かれたのは、真面目な男子・海野凪と自由奔放な美少女・天野エリカの出会い。凪は1カ月前に自分が“取り違え子”だという事実を知り、本当の両親に会うことになっていた。しかし約束の場所に向かう途中で、望まない結婚に悩んでいるエリカと遭遇。凪は成り行きで彼女の思いつきに協力したのだが、なんとエリカは自分と取り違えられた子どもだと発覚する。

 1話に登場するのは2人だけでなく、凪の妹・幸や超天然女子・瀬川ひろの姿も。凪とエリカが出会ったことによって、彼女たちの人生も大きく変わることになりそうだ。1話を読んだ読者からは、「読み切りの時よりさらに面白そう!」「三角関係なのか四角関係なのか… とにかく先が気になる」「ヒロインたちがキュートすぎてみんな大好き」と好評の声が。吉河は『マガジン』巻末で、「読み切り版に沢山の応援ありがとうございました! 連載でも頑張ります!! ただいまー!!」と喜びのコメントを寄せている。

 現在WEBマンガサイト「マガジンポケット」では、吉河の人気作『ヤンキー君とメガネちゃん』『山田くんと7人の魔女』の冒頭100話値下げキャンペーンを実施中。通常の半額ポイントで購入することができるので、気になる人はチェックしてみては?

◆「マガジンポケット」公式サイト

この記事で紹介した書籍ほか