『ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~』 劇中ショット解禁! さらに『君の名は。』の田中将賀がアバターイラストをデザイン!

エンタメ

2020/4/7

(C)2020 ドラマ『ぴぷる』製作委員会

 近未来の京都を舞台に人間とAIとの恋愛、結婚生活を描く小説『ぴぷる』が「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」として、WOWOWで連続ドラマ化(全8話)される。5月18日(月)深夜0時から放送スタートとなる。

 2030年、人間とAIが結婚できるようになった近未来を舞台に、人型AIと結婚することを選んだサラリーマンの摘木健一(つみき・けんいち)と、その妻となった人型AIのぴぷる、そしてぴぷるを開発したAI研究者・深山楓(みやま・かえで)をはじめとする個性あふれるキャラクター達による、「AIと人間のあり方」を問うSFヒューマンコメディとなっている。

 アラサー独身男子の主人公・摘木健一を声優の梶裕貴が演じる。

ぴぷる起動時(左:ぴぷる、右:摘木)

 先日のフルキャスト解禁で、主役を務める梶に加え、人型AIぴぷるをアヤカ・ウィルソン、そしてミステリアスなAI研究者・深山楓を大原櫻子、さらに、忍成修吾、山田悠介、臼田あさ美、濱田マリと実力派キャストが脇を固めることが明らかになった。

劇中ショットが解禁!

摘木(自宅)
ぴぷる
深山

摘木のキス(左:摘木、右:ぴぷる)
摘木(鴨川)

 この度、本作の初の劇中ショットが公開に。摘木が人型AIぴぷるを起動させたシーン(【1】)、メインキャスト3名のそれぞれ単独のショット(【2】【3】【4】)に加え、摘木がぴぷるにキスをしようと試みるシーン(【5】)、本作の舞台である京都の鴨川を摘木が自転車で走るシーン(【6】)など、ドラマ性や繊細さが垣間見える。原作の物語に息を吹き込むキャスト陣の熱演に期待したい。

劇中に登場するオリジナルアバターを田中将賀がデザイン!

 また、劇中で梶演じる摘木が副業として行なっているWEBラジオのアバターのキャラクターデザインを、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『君の名は。』の田中将賀(たなかまさよし)氏が担当することが明らかになった。

 摘木健一の本業は、医療機器の営業だが、帰宅後のささやかな楽しみとして、WEBラジオ番組でパーソナリティを務めていた。そのWEBラジオ配信中のタブレットの画面上に表示されるアバターである。

  田中氏は、キャラクターデザイン・総作画監督として、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(2011)、『心が叫びたがってるんだ。』(2015)、『空の青さを知る人よ』(2019)。さらに、『君の名は。』(2016)、『天気の子』(2019)でキャラクターデザインを担当するなど、近年の大ヒット作を手がけるトップクリエイターである。原作『ぴぷる』(KADOKAWA)のカバーイラストも担当している。人気デザイナーによるキャラクターも、見どころの一つに加わり、本作への期待がさらに高まる。

 

本作のアバターのデザインの担当が決定したときの印象
すごく嬉しかったです。
原作の原田先生より、新しく書く小説のキャラクターを描いて欲しいと依頼された時、実写化なんて想像していませんでした。
そして実写化にあたって僕がかかわれることがあるなんて、もっと想像していませんでした。
アバターデザインという役割をくださった原田先生、実写スタッフの皆様に感謝いたします。田中将賀

<ストーリー>
AIを家族に迎え、結婚できるようになった 2030 年。冴えないサラリーマンの摘木健一(梶裕貴)は長年片思いをしていた憧れの会社の先輩とのデートに失敗し、そのショックから、勢いで性交渉機能搭載の美少女AIを購入し、妻として迎え入れ、ぴぷる(アヤカ・ウィルソン)と名付ける。しかし、なぜか結婚初夜の夜の営みを拒絶されてしまう。摘木はぴぷるの開発元を訪ね、共感能力ゼロのミステリアスなAI研究者の女性・深山楓(大原櫻子)に出会い、自身による初期設定に問題があったことを知るが、残念ながらぴぷるの設定を変更することはできないことを告げられる。その代わりに深山は、摘木に驚きの提案をしてきて…!?

原作:原田まりる「ぴぷる」(KADOKAWA 刊)
脚本:小寺和久
監督:酒井麻衣 瀧悠輔
出演:梶裕貴 アヤカ・ウィルソン 大原櫻子 忍成修吾 山田悠介 神尾佑 加治将樹 清水葉月 藤田富 / 臼田あさ美 濱田マリ
製作:ドラマ「ぴぷる」製作委員会
サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/piple
公式 Twitter:@piple_drama

この記事で紹介した書籍ほか