『サザエさん』タマが改名!? 衝撃のネーミングに「米粒吹いた」

エンタメ

公開日:2020/7/12

サザエさん 14巻

著:
出版社:
朝日新聞出版
発売日:
『サザエさん』14巻(長谷川町子/朝日新聞出版)

 7月5日に放送されたアニメ『サザエさん』では、西洋に憧れるワカメが数々の奇行を連発。視聴者からは「ご乱心の回」「発想すげぇーなw」などとツッコミを入れる声が多くあがっている。

 話題になったエピソードは、作品No.8115「ワカメ、西洋かぶれ」。ある日、ワカメは公園で外国人の兄妹・モニカとジョージに出会う。その子たちは、ブロンドヘアーで青い眼を持つ西洋人。その後一緒に遊ぶなかで手を洗う際、ジョージが自分たち女の子を優先させてくれた上、ハンカチまで貸してくれたことに、ワカメはいたく感激する。帰宅後、家族に話すとジョージの“レディーファースト”ぶりに一同感心。一方でワカメはあまりにもレディファーストからかけ離れているカツオにがっかりしてしまう。

 その次の休日、ワカメはモニカから家に招待され、お邪魔することに。すると、大きなソファーやシャンデリアの素敵な洋室、お姫様のおやつのようなアフタヌーンティーセットなど、西洋の雰囲気にすっかり魅了されてしまう。また、毛足の長い洋猫を見つけ、名前を「エリザベス」だと教えてもらうと「素敵な猫ね 名前まで素敵!」とほれぼれ。その後、2階にあるモニカの自室へ案内されると、ベッドやベランダなど磯野家にはない要素があった。

 帰宅後、ワカメはサザエたちに「映画の世界みたいだったわ あ~憧れる」と大興奮で報告。すると、ここからワカメの“西洋かぶれ”が発動。風呂上がりに下着姿で現れた波平に対し、「お父さん! そんな格好で歩き回らないで! レディーの前で失礼しちゃうわ!」と激怒したかと思えば、食事に出されたウインナーをナイフとフォークで食べるなど、気分はすっかりレディー。極めつけには、愛猫のタマを「今日からタマじゃなくてマーガレット」と宣言したり、座卓の上に布団を敷いた“ベットもどき”を作って就寝しようとしたりする始末。そんなワカメの暴走を見かねたフネは、「いい加減にしなさい」と珍しく厳しい口調で叱るのだった。

 そんなある日、今度はモニカが磯野家へ遊びにやってくることに。ワカメはタマを「マーガレットよ」と紹介するが、居合わせたタラちゃんから「タマですよ」とツッコミを受ける。モニカは「こんにちは マーガレッ…。タマ」と戸惑いながらタマを撫で、ワカメは不服そうな表情を浮かべるのだった。

 そんなワカメに対し、視聴者からは「タマのことマーガレットって呼び出して米粒吹いた」「外国かぶれのワカメちゃん、かわいかった」「ワカメご乱心の回だったw」「西洋に染まりたいワカメ年相応で可愛い笑」「急にワカメちゃんがたまのことマーガレットとか呼び出してかわいそすぎて泣いちゃった」「ワカメちゃんの発想すげぇーなw お布団をソファーにして タマをマーガレット呼びって」などと大反響を呼んだ。

 ちなみに、モニカも磯野家の縁側やちゃぶ台、手作り草餅など純和風の家に感動していた。双方の文化にそれぞれの良さがあると、ワカメも気が付いたようだった。

この記事で紹介した書籍ほか

サザエさん 14巻

著:
出版社:
朝日新聞出版
発売日:
ISBN:
9784022588142