『サザエさん』カツオと中島くんの“ブロマンス”に反響!「カツオが傷ついて向かうのは中島なんだよなぁ」「こんな友達がいれば人生充足する」

アニメ

公開日:2020/10/25

サザエさん 14巻

著:
出版社:
朝日新聞出版
発売日:
サザエさん
『サザエさん』14巻(長谷川町子/朝日新聞出版)

 10月18日放送のアニメ『サザエさん』では、カツオとカツオの同級生・中島くんとのアツい友情エピソードに感動する声があがっている。

 そのエピソードは、作品No.8162「カツオは成長期」。ある雨上がりの日、カツオと中島くんが空き地でキャッチボールをして遊んでいたときのこと。顔まで泥だらけになるカツオに対し、中島くんは「母に洗濯の負担を掛けたくないから」と洋服を一切汚さなかった。

 そんな中島くんの気遣いに対し、サザエはカツオに「カツオは子どもっぽすぎる」「ちっとも成長してないわね」と呆れ、ついには中島くんと比較し「カツオのほうがやることなすこと子どもじみてるわね」と言いのけてしまう。

 さすがにショックを受けたカツオは、落ち込んだ表情で中島くん宅へ。「家にいるのが嫌だから出てきた」と説明すると、中島くんは笑って「そうか。じゃあ入れよ」と快く迎え入れてくれる。するとそこへ中島くんの祖父が帰宅。カツオの丁寧な挨拶を見て「いつも礼儀正しくていい子」と称賛する一方、茶菓子さえも出していなかった孫に思わず苦言を呈す。そしてサザエ同様、祖父は孫である中島くんとカツオ比較し、「磯野くんのほうが成長してる」とカツオに太鼓判を押すのだった。

 結局、サザエも中島くんの祖父も、自分たちの家族ではなくよそ様の子どもを褒めるといった展開に。互いの良いところ、足りないところを知ったカツオは「僕たちは同じように成長してるってことか」と妙に納得し、中島くんも「親友だもんね」と満面の笑みで応えるのだった。

 アツい友情物語に、視聴者からは「カツオと中島改めていい関係だな」「中島と比較されて拗ねてるのにいざとなったら中島の元に駆け込むカツオに萌える」「カツオが傷ついて向かうのは 花沢でもカオリでもましてや早川でもなくて 中島なんだよなぁ」「そのうちワカメがカツオと中島の薄い本描いたりするのかな…」「カツオと中島くんの友人関係ええよなー 親友で悪友で腐れ縁って感じ こんな人間が1、2人いるだけで人生充足するわな」などと、ブロマンスに悶える声が多くあがっている。

 将来、すっかり大人になった2人が、昔を語り合いながら空き地でキャッチボールをする…そんなあたたかい光景が目に浮かばなくもない…。

この記事で紹介した書籍ほか

サザエさん 14巻

著:
出版社:
朝日新聞出版
発売日:
ISBN:
9784022588142