【最新話レポ】「カッコいいぞタケミチ!」胸アツの展開に視聴者も感動/アニメ『東京リベンジャーズ』第10話

アニメ

公開日:2021/6/19

東京卍リベンジャーズ
『東京卍リベンジャーズ』22巻(和久井健/講談社)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

 2021年6月13日(日)に放送されたアニメ『東京リベンジャーズ』第10話。ドラケンを守ろうと勇敢に立ち向かう武道の姿に、「カッコいいぞタケミチ!」「これぞまさに主人公の鑑」と視聴者の胸をアツくさせたようだ。


advertisement

 東京卍會と愛美愛主(メビウス)による大乱闘の中、裏切り者のキヨマサに刺されてしまったドラケン。非常事態に気づいたマイキーもドラケンのもとに駆け寄ろうとするが、愛美愛主“仮”総長・半間修二に行く手を阻まれてしまう。

 そこでマイキーにドラケンを託された武道は、重傷を負って動けないドラケンを背負って戦線を離脱。ひとけのない路地で救急車の到着を待っていたものの、そこに突然現れたのはキヨマサとその仲間たちだった――。

 はじめ武道は「終わった…」と絶望の表情を浮かべて逃げ出そうとしたが、ドラケンの「ヒナちゃんとエマ連れて逃げろ。俺は大丈夫だ」という言葉を聞いて踏みとどまる。そして「今度こそ逃げねぇ。これは俺の人生の… リベンジだ!」と言い放ち、キヨマサにタイマン勝負を仕掛ける武道。

 ボコボコにされても必死に食らいつこうとする彼の姿を見て、視聴者からは「仲間を守るために、自分よりも強い相手に戦いを挑むなんて… マジで感動した」「タケミチ、惚れ直したぞ!」などの声が上がった。

 最終的に武道はキヨマサの背後に回り込み、“チョークスリーパー”で失神させることに成功。

 彼の覚悟と決して諦めない心が、結果として“勝利”に繋がったのかもしれない。

アニメ『東京リベンジャーズ』
放送時間:毎週日曜25:35~(テレビ東京ほか)/MBS毎日放送は毎週土曜26:08~、その他放送各局による
原作:和久井健
監督:初見浩一
出演:新祐樹、和氣あず未、逢坂良太、林勇、鈴木達央
公式サイト:https://tokyo-revengers-anime.com/

この記事で紹介した書籍ほか

東京卍リベンジャーズ(22) (講談社コミックス)

著:
出版社:
講談社
発売日:
ISBN:
9784065228838