【最新話レポ】「タケミチじゃなくてダサミチじゃん!」アニメ『東京リベンジャーズ』第11話、武道のファッションセンスにツッコミが殺到

アニメ

公開日:2021/6/24

東京卍リベンジャーズ
『東京卍リベンジャーズ』22巻(和久井健/講談社)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

 2021年6月20日(日)に放送されたアニメ『東京リベンジャーズ』第11話。武道のファッションセンスに、ネット上では「私服ダサすぎる!」「ウケ狙いで着てるわけじゃないよね…?(笑)」などのツッコミが相次いだ。


advertisement

 キヨマサとのタイマン勝負を制し、溝中の仲間たちも駆けつけてくれたことで“ドラケン殺害”を阻止した武道。ドラケンは救急車で搬送されたものの、刺されたダメージが残っているため依然として危険な状態が続いていた。そして意識が朦朧とする中、武道に「マイキーを… 頼む…」と言い残して心肺が停止。

 病院での手術中も不安を隠しきれない武道だったが、マイキーの「ケンチン(ドラケン)を信じろ。大丈夫だ」という言葉で落ち着きを取り戻す。そして手術は無事成功し、ドラケンは一命を取り留めたのだった――。

 大抗争から1週間が経ち、武道は街の不良の間で一躍時の人となる。街中では大股で歩きながら調子に乗る様子が描かれていたが、中でも注目を集めたのは“武道の私服”。紫のサングラスをかけて「OUTLAW」と書かれた赤い短パンを履いていたため、視聴者からは「服のチョイスがひどすぎる…」「タケミチじゃなくてダサミチじゃん!」といった声が上がっていた。

 ちなみにそのままの服装でドラケンのお見舞いに行った武道は、ドラケンから「ダセーぞ」「キモイ」などと辛辣な言葉を浴びせられる。さらにマイキーにも、「なんだそのダセー格好」と言われる始末。

 武道の独特なファッションセンスが思わぬ形で露見してしまったようだ。

■アニメ『東京リベンジャーズ』
放送時間:毎週日曜25:35~(テレビ東京ほか)/MBS毎日放送は毎週土曜26:08~、その他放送各局による
原作:和久井健
監督:初見浩一
出演:新祐樹、和氣あず未、逢坂良太、林勇、鈴木達央
公式サイト:https://tokyo-revengers-anime.com/

この記事で紹介した書籍ほか