ボイスドラマ共演、諏訪部順一&榎木淳弥の学生時代とは?「知らない自分というものがなかった」

アニメ

公開日:2021/11/25

諏訪部順一

 8年の連載を終えたヤングエースUPの大人気青春コミックス『五十嵐くんと中原くん』、最終話の更新と共に発表されたボイスドラマ制作決定のニュースは、諏訪部順一、榎木淳弥、狩野翔という豪華声優陣のキャスティングでも話題になった。

 『いがなか』では「成長していく中に恋愛の要素があって、それがたまたま同性同士だっただけの話」という語り口で、時に甘酸っぱく、時に切ない、青春の葛藤が描かれている。そのふたりを実力派の諏訪部と榎木が繊細に熱演した。

 ついに本日11月25日(木)に発売となったこのボイスドラマとかけて、主演の諏訪部と榎木2人を直撃し、秘められた高校生活や今の学生へ向けてのアドバイスを聞いてみた。

◆  ◆  ◆

新しい自分を見つけた経験は?「知らない自分というものがなく。そのような経験はありません」

諏訪部順一

──『いがなか』では、五十嵐くんは中原くんに出会い、新しい自分を見つけました。諏訪部さんは新しい自分を見つけて戸惑った経験はありますか?

諏訪部順一(以下、諏訪部):子どものころから冷静かつ客観的に自己分析をしているタイプの人間なので、知らない自分というものがなく。そのような経験はありません。

──今作はシリーズを通して、等身大の青春と成長の葛藤が描かれています。榎木さんは演じてみていかがでしたでしょうか?

榎木淳弥(以下、榎木):五十嵐くんと中原くんのお互いをちゃんと見てあげることでお互いに救われていく、本当の自分をちゃんと見てあげるという行為が今回の話のテーマになっているのかなと感じました。見た目とかの表面的なイメージじゃなくて「どういう人間なんだ」と交流していくところが見どころだったのではと思いました。

──中原くんを演じてみて、共感した部分、共通点、または自分と違うと思う部分はありますか?

榎木:繕ってしまうところはみんなあると思うんです。実は気にしているけど気にしていないふりとか、そういうシーンが今回は多かったので、そういうところは共感できるかなと思いました。自分を偽って強く見せるのは日常でいつもやっていることだと思いますので。誰しも「こう見られたい」という気持ちはあると思います。

advertisement

 

どんな高校生だった?「ちょっとダウナーな感じの斜に構えた学生でしたね(笑)」

榎木淳弥

──諏訪部さんはどのような高校生でしたか?

諏訪部:主に毎週月曜から土曜まで学校に通う高校生でした。制服も校則もない自由な校風の学校でしたし、時代も今よりもおおらかだったので、大学生活を先取りしているような感覚でした。いろいろな点で(笑)。

──榎木さんはどのような高校生でしたか?

榎木:あまりいい生徒ではなかったですね。遅刻とか多くて。別に不良ではなかったんですけど、起きれなくて寝坊して、単純に態度が悪い感じの高校生でしたね。ちょっとダウナーな感じの。斜に構えた学生でしたね(笑)。

──学校に不良はいました?

榎木:僕の学校にはいなかったですね。

──五十嵐くんみたいな不良はいなかったんですね。

榎木:そうですね、あそこまでの不良は…いたのかな? でも付き合わないんでね、あまりそういう人と。こわいじゃないですか(笑)。いたのかもしれないですけど、割と僕の周りは穏やかでしたね。

 

榎木「僕はわりと人に気を使ってる自分もそんなに嫌いじゃないです」

榎木淳弥

──周りに溶け込むために自分を偽る居心地の悪さは、学生に多い悩みかと思いますが、榎木さんはそのような体験はありますか?

榎木:いつもストレートに表現してばっかりでも良くないですよね。ある程度相手のことを考えてあげないと。自分の気持ちばっかりだとあまりうまく回らないと思うので。僕はわりと人に気を使ってる自分もそんなに嫌いじゃないです。あえて優しくしたいと意識することは悪いことじゃないかなと思うので。

そうじゃなくて自分が苦しんでまで一緒にいるというのは、最後まで苦しみ続けると思います。不良しか周りにいなくて、周りに溶け込むために自分が悪いフリするというのは、苦しむだけかな。世の中何十億人と人間がいますから、そこの人間関係を断ち切ってもいい出会いがあるんじゃないかな。なので無理せず、離れるときは離れていいんじゃないかなと思います。

 

先生に直接イメージを伝えていただき丁寧に作りました

──最後に、楽しみしているファンの方へメッセージをお願いします。

諏訪部:原作ファンの皆様に喜んでいただける五十嵐くんがそこにいるとよいのですが。作品の魅力がより広がる、より深まる。今回のボイスドラマがそういったものになったのであれば幸いです。

榎木:今回収録の際、先生もいらっしゃって直接イメージを伝えていただいて、丁寧に作らせていただきました。原作ファンの方にも満足していただけるようなものになっていたら嬉しいなと思いますので、是非聞いていただけたらなと思います。

あとは諏訪部さんと僕の掛け合いがどうなっているのかですね(※別録りだった)。諏訪部さんの五十嵐くんがどうなるかなとイメージしながらやらせていただいたので、そのへんも楽しみに聞いていただけたらなと思います。

◆  ◆  ◆

▼キャラクター紹介
・五十嵐桜(CV:諏訪部順一)
不真面目な不良。夜遊びばかりしているが、決して本心は見せず表面上の人付き合いしかしない。

・中原冬吾(CV:榎木淳弥)
元引きこもり。過去のトラウマを克服するため高校デビューを果たし、無口でクールな一匹狼を装う。

・水森大地(CV:狩野翔)
中原のクラスメイト。持ち前のポジティブさで、友人の中原や五十嵐の背を押すことも。

五十嵐くんと中原くん ボイスドラマ

「五十嵐くんと中原くん ボイスドラマ」
通常版/フリートーク版
CAST:五十嵐桜役・諏訪部順一/中原冬吾役・榎木淳弥/水森大地役・狩野翔/平野隼人、牧拓実、安芸此葉、山本悠貴、度会結希、松舞奈、合田明日佳
ロゴデザイン:黒木香(ベイブリッジ・スタジオ)
発売日:2021年11月25日(木)
仕様:デジタル販売
定価:2,420円(本体2,200円+税)
発売元:株式会社KADOKAWA

▼配信ストア
ポケット★ドラマCD(フリートーク版)
★限定特典:①キャストフリートーク(諏訪部順一&榎木淳弥)②壁紙(3種)

各プラットフォーム(通常版)
※iTunes Store、Amazon Musicをはじめ、多数のプラットフォームより通常版をご購入いただけます。

この記事で紹介した書籍ほか

五十嵐くんと中原くん (1) (あすかコミックスCL-DX)

著:
出版社:
KADOKAWA/角川書店
発売日:
ISBN:
9784041039830