【最新話レポ】『ルパン三世 PART6』「これは惚れる…」ルパンがリリーに固執する理由がカッコよすぎると話題!/アニメ第12話

アニメ

公開日:2022/1/8

ルパン三世 PART6
原作:モンキー・パンチ(C)TMS・NTV

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

 2021年12月25日(土)深夜に一挙放送された、アニメ『ルパン三世 PART6』第11話と第12話。2本目の第12話「英国の亡霊」ではルパンがリリーに固執する理由が明かされ、視聴者から「やっぱりルパンはかっけぇわ!!」といった反響が後を絶たない。


advertisement

 ついに明かされたリリーの父親・ワトソン殺しの犯人。ワトソンを殺したのはホームズの味方であったはずのレストレード警部で、彼は英国政府を影で操る謎の組織・レイブンの一員であった。

 だがワトソンを殺してまで辿り着いたレイブンのお宝は、使い物にならない不発弾だったことが判明。自分がレイブンの亡霊に踊らされただけに過ぎないことを知った彼は、最期に「リリーに伝えてくれ。すまなかったと」と言い遺して橋から身を投げるのだった。

 やがて警察たちが現場に駆けつけ、その場を立ち去ろうとするルパン。するとホームズがふと「1つ教えてほしいことがある」と切り出し、「なぜここまでリリーにこだわる?」「お前の目的はレイブンの財宝だったはずだ」とルパンに問いかける。

 じつはルパンはワトソンの殺害現場に居合わせた際、ワトソンからリリーのことを頼まれていたそう。ワトソン自身はルパンのことを親友のホームズだと勘違いしていたようだが、ルパンは死に際の彼の願いを聞き入れてホームズたちの前に再び姿を現したのだ。

 SNS上でも「これは惚れる…」「ルパンの漢気に痺れた!」などと大反響が巻き起こった今回の物語。彼は泥棒であるが、約束は必ず守る――それこそが“ルパン三世”という男なのだろう。

アニメ『ルパン三世 PART6』
放送時間:毎週土曜24:55~(日本テレビ)/その他放送各局による
原作:モンキー・パンチ
監督:菅沼栄治
出演:栗田貫一、大塚明夫、浪川大輔、沢城みゆき ほか
公式サイト:https://lupin-pt6.com/

この記事で紹介した書籍ほか

ルパン三世 : 1 (アクションコミックス)

著:
出版社:
双葉社
発売日: