ダ・ヴィンチ編集部が選んだ「今月のプラチナ本」は、須藤古都離『ゴリラ裁判の日』

レビュー

※本記事は、雑誌『ダ・ヴィンチ』2023年5月号からの転載になります。 『ゴリラ裁判の日』 ●あらすじ● ニシローランドゴリラのローズ。彼女は人間並みの知能を持ち、言葉を理解し、さらに手話を使って「会話」ができ…

本文を読む