“小顔王子”が教える、『& ROSY』大人の小顔メイク術

健康・美容

2017/9/14

 女性にとって「小顔」は永遠のテーマではないでしょうか? 年齢を重ねるとたるみなども気になってくるし…。そんな小顔になりたい女性たちから注目を集めるのが、“小顔王子”ことヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさん。業界きってのその豊富な知識は「エベレスト級」と表現されるほど。現在発売中の『& ROSY(アンド ロージー)』10月号で「素肌仕立ての小顔メイク術」を披露。トレンドの肌質感を作れる最旬ファンデを使いながらレクチャーしてくれています。


◆ハイライト&シェーディングのテクニックにもトレンドがある!

「肌という広い面を覆うファンデは顔全体の印象を大きく左右するので、最新の薄づき・美質感ものを使った方がいい」と語る小田切さん。ハイライト&シェーディングのテクニックにもトレンドがあるそうで、従来のセオリーどおりに使ってしまうと、古め顔に…。では、いまっぽい小顔に仕上げるためにはどうすればいいのでしょうか?

◆それぞれのファンデーションに合った方法で小顔をゲット!



 本特集内では3つのファンデーションタイプ、「艷リキッドファンデ」「最旬マットファンデ」「軽パウダリーファンデ」を使用。それぞれのファンデーションに合ったハイライト&シェーディングを紹介しています。


 例えば「軽パウダリーファンデ」には“マットコントゥアリング”というテクニックを。 “マットコントゥアリング”とはハイライトとシェーディングで骨格を強調し、立体感を高めるテクニックのこと。ハイライトとシェーディングもシアーなパウダータイプをチョイスし、目まわりから頬、そしてTゾーンはさり気ない明るさで浮き上がらせ、フェイスラインから頬骨へと入り込む“3の字シェーディング”で、輪郭を引き締めます。パウダリー肌はフラットになりがりですが、このテクを使えばメリハリが生まれます!

◆小顔メイクの成功のカギはメイク前のスキンケアにあり!

 メイクテクも重要ですが、成功のカギはメイク前の仕込みスキンケアは重要! リッチなスキンケアアイテムや気合の入ったマッサージは必要ないそうで、大切なのは夜の間に溜め込んだ古い角質や汚れを、洗顔でオフすることとのこと。つい念入りにやりがちですが、「与え過ぎない・いじり過ぎない」、程よいさじ加減のケアが良いんですね…。
 小田切さんによると「アルガンオイルでマッサージ」「とろみのない保湿ローションで手パック」「軽めのクリームでマット肌に仕上げる」というステップがいいそう。なぜそのアイテムを使うのかなど詳しくは誌面をチェックしてみてください。

◆小顔度がよりアップするメイクテクも必見!

 特集内には「深み色リップ」「目尻延長ライン」「アイシャドウ“オーバーのせ”」など小顔度がよりアップするメイクテクも紹介。また、新作ベースアイテムを小田切さんが全品解説するページも。ぜひ自分に合ったアイテムを見つけて、小顔をゲットしてください!

 その他『& ROSY』10月号では、「いまどきふわっと太眉」「トレンドコーデと濃密ルージュの関係」「初秋の“美肌&美髪チューニング”」「“ベージュ”&“ボルドー”2大トレンドカラーで作る7Daysメイク」「大人が使いたいプチプラコスメ」など、気になるコンテンツが満載。また、秋美人をつくる豪華3大付録「ドレステリア 上質&便利ショルダー」「アクセーヌ モイスト バランスローション」「アクセーヌ スーパーサンシールド ブライトヴェール」も必見。
 9月に入り秋らしさを感じることも多くなってきましたが、洋服だけでなく、メイクもトレンドを取り入れてみてはいかがでしょうか?