日本最古の書物はラノベだった? ラノベ風に脳内変換した『古事記』がおもしろい!

文芸・カルチャー

2017/9/18

『ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語』(小野寺優/ KADOKAWA)  八岐大蛇(やまたのおろち)や因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)などの日本神話を、子どものころに読んだり聞いたりした人は多いだろう。これらはどれも『古事記』のなかのお話だ。  ストーリーとしては馴染みがあるのに『古事記』と聞くと、途端にハード... 続きを読む