なぜ「男装した女性」が求められたのか。日本人の心に根強く残る「風流」の心とは?

ライフスタイル

2017/9/28

『歴史のなかの異性装』(服藤早苗、新實五穂:編/勉誠出版)  世界には、昔から「男装する女性」「女装する男性」の存在が史料から見受けられる。『歴史のなかの異性装』(服藤早苗、新實五穂:編/勉誠出版)では、身分や性別によって厳格な決まりのあった時代に「異性の装束を身につけた人々」の、世界各地の歴史が紹介されている。  ... 続きを読む