4度の結婚、韓国とタイに隠し子……野沢直子の父親がそれでも家族に愛された理由

エンタメ

2017/10/12

『笑うお葬式』(野沢直子/文藝春秋)  「死ねばいいのに」。型破りな親を持った子どもなら、一度や二度、親の死を真剣に願うことくらいあるだろう。好きなのか嫌いなのか。怒りなのか憂いなのか。執着なのか愛着なのか。親に対する複雑な感情が湧き起こるたび、その親の子として生まれてきたことを恨めしくさえ思う。しかし、いざ親の死と... 続きを読む