本屋大賞ノミネート作『ツバキ文具店』の小川糸と、人気イラストレーター平澤まりこが紡ぐ! 神様が宿る「ミトン」を作り出した、ひとりの女性のつつましやかで美しい生涯

文芸・カルチャー

2017/11/2

『ミ・ト・ン』(小川糸/白泉社)  読み終えた本の裏表紙をそっとなでながら、背筋が伸び、無性に手が動かしたくなってくる。小川糸さんの小説には、そんな働きをする神様が宿っているような気がする。 『食堂かたつむり』や『あつあつを召し上がれ』を読んだあとは、ていねいにごはんを作りたくなってくるし、『ツバキ文具店』や続編『キ... 続きを読む