一枚の写真で、あなたも「児童ポルノ禁止法」容疑者に…違反容疑と中傷に立ち向かった記録

社会

2017/11/25

『二十日間の浦島太郎 私が容疑者にされた日』(山下重喜/幻冬舎) 『それでもボクはやってない』(2007)という映画では加瀬亮演じる青年が、犯していない電車内痴漢の罪で起訴される。最初は「いつかは無罪が分かってもらえる」と思っているのだが、警察も裁判長も有罪を前提に話を進めていく。主人公の絶望と恐怖がダイレクトに伝わ... 続きを読む