空気を読むことに必死になりすぎた結果、過呼吸に…。元手100万、人生リセットを決意した28歳女子の行方は? 働き女子から圧倒的共感!『凪のお暇』

マンガ・アニメ

2017/12/9


大島凪28歳。
空気を読み、話を周囲にあわせ、「なんだかなー」な毎日。

仕事中も周囲に気を遣い、押し付けられた事も何も言わずにこなしてきた。

しかし、同僚や恋人が自分をどう思っているのかを知った時、凪、壊れる。
空気は読むものじゃなくて、吸って吐くものだ。

持ち物を捨て、郊外へ引っ越し、仕事もくせ毛を直すのもやめ、全てをリセットすることにしました。

先のことは不安だけれど、自分を変えると決めた。
思い切って会計の誤りを指摘してみたり、恐そうなお隣さんに話しかけてみたり。

しかし、突然の元カレの襲来と、その口から吐かれる“滅びの言葉”。
凪は変わることができるのか? リセット生活、一体どうなる?

 周りの人に気を遣い続け、結果疲れて倒れてしまった主人公・大島凪が、全てを捨ててやり直すことにした等身大28歳のリセットストーリー。

 彼女をそこまで追い込んだ出来事も、世の中ではよくあることで、“空気を読む”とか、“マウンティング”とかに苦しむ様子は、思わず「あるよねー」と呟いてしまいます。

「人生をやり直したい」というのは多かれ少なかれ、誰もが思ったことがあるはずですが、本作ではそれを異世界転生なんかではなく、大事件が起きることもなく、極めて現実的な範囲内で物語が展開されており、多くの人の共感を呼んで人気急上昇中です。

 リセット後の彼女は、無理して伸ばしていたサラサラのロングヘアから本来のクルクルのくせ毛に戻り、外見はほとんど別人。住む部屋も都心のマンションからわかりやすい位の六畳一間のアパートに引っ越すなど、彼女のビフォー・アフターには驚かされます。

 そうは言っても、新しい仕事を見つけて稼がないといけないし、衣食住・社会保険と、払うものは払わないといけない。そしてやっぱり気になる周囲の目。
 期待と不安が入り混じりながらも、精神的に自立した生活に奮闘し、新たな出会いもあり、凪の中で何かが少しずつ変わっていきます。

 そんな矢先に“元カレ”という過去のしがらみが出現し、凪の新生活は大ピンチ!
 2巻以降では、元カレや、元同僚の目線からも凪が語られ、一筋縄ではいかないリアルな人間関係が描かれていきます。

 一般的な28歳の女子を体現したかのような主人公・大島凪は果たして変わることができるのか? 彼女の長めのお休み(お暇)に注目です。



凪のお暇
レーベル:A.L.C. DX
出版社:秋田書店
著者:コナリミサト
▶今読んでほしい新作マンガバックナンバー一覧

(C)コナリミサト(秋田書店)