今期は何観る!? 2018年冬アニメのPV45本を一気観! “つづきみ”第6回レポート

アニメ・マンガ

2018/1/9

 毎クール約50本のアニメが放送される中、1話も視聴することなく切ってしまう「0話切り」作品がどうしても出てきてしまう。それどころか、業界関係者やよほどコアなアニメファンでない限り、「これアニメ化してたの!?」なんてこともあるかもしれない。素敵な作品を知らずに終わるなんて、人生を損している!! すべての作品を見られないのは仕方がないとしても、せめて!せめてPVくらいは見て考えてほしい!!

 そんな思いを胸に秘め、“0話切り撲滅委員会”が始めたPV視聴イベント「僕たちは新作アニメのプロモーション映像を3時間かけて一気観したら どのくらいつづきをみたくなるのだろうか?」、通称“つづきみ”も、今回で第6回。2017年12月26日(火)に行なわれたつづきみ第6回は、ニコニコ生放送をはじめ、YouTube Live、Facebook Live、Twitch、ビリビリ動画など様々なところで中継された。

 壇上には、司会はニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんと、女優でタレントの結さん、コメンテーターとして『アニメ!アニメ!』元編集長で、今は海外のアニメ事情を調べているジャーナリスト・数土直志さん、『Anime Now!』編集長・リチャード・アイゼンバイスさん、そして初登場となる『月刊ニュータイプ』編集長・角清人さんが登場。早速PV上映が開始された。

 最初の3作品は、『だがしかし2』『たくのみ』『ラーメン大好き小泉さん』と食に関するアニメ。結さんは、秋アニメの『お酒は夫婦になってから』を見てお酒が飲めるようになったそうで、それに続いての“お酒飲む人養成枠”として『たくのみ』に注目。また、リチャードさんは『だがしかし2』について、「アメリカには駄菓子はないが、新しいものとして面白い」と話していた。

 食アニメ枠の次は、1つめのゲストコーナー。『三ツ星カラーズ』から、結衣役の声優を務める高田憂希さん、宣伝担当の村松哲哉さん、制作担当の南原充宏さんパンダの帽子をかぶって登場。

img02.jpg

img02.jpg

 PV紹介のあと、上野を舞台とした本作品のあらすじや作品の魅力、OPやEDを通してのこだわりを伝えた。放送は1月7日から。

 ゲストコーナーのあとは、『アイドリッシュセブン』『刀剣乱舞-花丸-』『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』、解説、感想を挟んで『七つの大罪 戒めの復活』『Fate/EXTRA Last Encore』『剣王朝』『刀使ノ巫女』が上映された。今回のFateはシャフトが制作しており、PVからもシャフトらしさが強く感じられた。

 ここで2つめのゲストコーナー。『刻刻』から、佑河樹里役を務める声優の安済知佳さん、プロデューサーの木村誠さんが登場した。

img02.jpg

img02.jpg

 木村さんは「止まった世界“止界”を描くにあたって無音の世界を描くのに苦労した」と語り、無音の世界観を伝えられるようしっかりこだわって作られていること明かした。

 その後は再びPV紹介。『博多豚骨ラーメンズ』『BEATLESS』『ダーリン・イン・ザ・フランキス』、続けて『ゆるキャン△』『まめねこ』『働くお兄さん!』が紹介された。『博多豚骨ラーメンズ』は、タイトルに反してがっつり戦いが描かれるサスペンス。また、今期2作品あるきらら枠のうちの1つ『ゆるキャン△』については、安定の癒し枠でありながらTVやバイク、キャンプ雑誌でも取り上げられるほどのキャンプノウハウも詰め込まれているそうだ。

 3つめのゲストコーナーは、『キリングバイツ』からプロデューサーの黒須礼央さんが登場。

img02.jpg

img02.jpg

 PV紹介のあと作品について解説がなされたが、獣人たちが死闘を繰り広げる様子に、ニコ生画面では「殺伐としたサファリパーク」「食べないでくださーい」など某けもの作品のネタが飛び交い大盛り上がり。黒須さんは、獣人たちのアツい戦いを楽しんでほしいと話した。

 その後“つづきみ”応援団の紹介がなされ、9作品のPVを紹介。『恋は雨上がりのように』『からかい上手の高木さん』『citrus』、続けて『カードキャプターさくら クリアカード編』『バジリスク~桜花忍法帖~』『覇穹 封神演義』、さらに続けて『宇宙よりも遠い場所』『りゅうおうのおしごと!』『弱虫ペダル GLORY SKY』が流された。

 結さんは、『citrus』について、「男性がいるのに百合なのがいいですね!」と熱いコメントで盛り上がっていた。また、『カードキャプターさくら クリアカード編』の変わらない丹下桜の声に、司会者2人も視聴者も「すごすぎない!?」と絶賛。アニメへ期待を高めていた。

 ここで、4つめのゲストコーナー。『怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~2期』から、芦名みのる監督が登場。

img02.jpg

img02.jpg

 のっけからハイテンションで始まった芦名監督の解説とともに、ニコ動風の画面やTwitter風の画面で作品の魅力を紹介。1期のキャラも全キャラ登場するうえ新キャラも登場し、ショートアニメの限界に挑んでいるとのこと。

 ここからは再びPV上映。コメントを挟みつつ、『伊藤潤二「コレクション」』『ポプテピピック』、そして『学園ベビーシッターズ』『サンリオ男子』『ダメプリ ANIME CARAVAN』『劇場版ときめきレストラン☆☆☆ MIRACLE 6』、さらに『銀の墓守り2』『一人之下 羅天大醮篇』『スピリットパクト -黄泉の契り-』、加えて『メルヘン・メドヘン』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』と12作品が一気に紹介された。

 秋アニメの予定が3か月延期となった公式曰く“クソアニメ”の『ポプテピピック』から、女性向けアニメ、中国アニメ、京都アニメーションの注目の最新作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』まで幅広い作品が並んだ。トークでは数土さんがキキララ好きのサンリオ男子だったこと、京アニ最新作が圧倒的な映像で、ヨーロッパの文芸大作レベルの必見作品であることなど様々な話が飛び交っていた。

 最後のゲストコーナーは、『gdメン』からヨミ役を務める声優の山本和臣さん、監督の菅原そうたさんが登場。

img02.jpg

『gdgdフェアリーズ』のボーイズサイドとして作られた本作品では、gdメンがアドリブで映像に音をはめていくという少し変わったコーナーがあるそうで、その様子を山本さんが実演した。

 最後のPVは、『グランクレスト戦記』『オーバーロードII』『ハクメイとミコチ』。どの作品もラストを飾るに相応しい強者揃いで、迫力ある壮大な世界、絵画のように描き込まれた美しい世界で魅了した。

 ざっくりレポートしてきたが、このメンバーならではの濃さ、テンションは、3時間かけて視聴する価値が十分ある。とにかく見てほしい……っ! また、もっと観たいというファンの声に応え、今回の「つづきみ第6回」からニコ生で視聴回数制限なく何回でも見られる仕様となった。冬アニメも続々と始まっているが、「作品について詳しく知りたい!」「改めて視聴アニメを選びたい!」と感じたら、いつでもコメント付きでチェックしよう! 次回第7回つづきみは、2018年3月末開催予定!

取材・文=月乃雫