出産か中絶か――不倫、性風俗、SNS、貧困、10代…予期せぬ妊娠で選択を迫られる『漂流女子』

社会

2018/1/28

『漂流女子 にんしんSOS東京の相談現場から (朝日新書)』(中島かおり/朝日新聞出版)  命の誕生には2人の親の存在があるはずだ。しかし、現実には命の重さをひとりで背負い、妊娠を孤独に悩む女性も少なくない。そんな彼女たちを救おうと立ちあがった人たちがいる。産む・産まないという選択を迫るのではなく女性個々の立場に寄り... 続きを読む