つながりと共感が重要視される社会で…「MeToo」という共感と、わかりあうことの違い

文芸・カルチャー

2018/2/7

『そのバケツでは水がくめない』(飛鳥井千砂/祥伝社)  マンガ化もされたヒット作品『タイニー・タイニー・ハッピー』の著者最新作『そのバケツでは水がくめない』(飛鳥井千砂/祥伝社)は、運命的に出会った二人の女性を通して、「わかりあう」ということの複雑さを描いた作品だ。  アパレルメーカーに勤める佐和理世は、新ブランドの... 続きを読む