「性に憑かれた社会」に疲れた皆さんへ。孤独とセックスの関係を考える

社会

2018/2/9

『孤独とセックス(扶桑社新書)』(坂爪真吾/扶桑社) 「(行為としての)セックス」という言葉から連想されるものは、単純な生殖のための物理的接触=性器と性器の結合だけではないだろう。私たちが生きるこの社会では、「セックス」に対して多様かつ過剰な意味が付与されているようにも感じる。時には自己啓発の手段として称揚され、また... 続きを読む