既読スルーされる女子のLINEはここがヤバイ!

恋愛・結婚

2018/2/16

「彼から返信が来ない」「既読スルーされる」「2回目のデートに繋がらない…」そんな風に嘆いている女子をよく見かけます。
 メールよりも手軽に利用できるLINEですが、「既読」という便利な機能があるおかげで、読まれたのに返信が来ないという現実に、もどかしさを感じることも多いのではないでしょうか。
 特に恋愛においては、LINEに振り回されている女子が大量発生。
 え?あなたも?
 もしかしてあなたのLINE、壊滅的に下手なんじゃないですか?

img01.jpg

■既読だ未読だの前に、LINEはそもそも「連絡ツール」だということを思い出す

 なぜかいつも「既読スルー」されてしまうあなた。
 もしかしたら、あなたが普通に送っているつもりのLINEは、彼に「重い」「面倒」「うっとうしい」「つまらない」そんな印象を与えているかもしれません。
 そう思わせてしまったら最後、その恋愛がうまくいくことは難しくなります。

「私のLINEが重いなんてありえない・・・」
 そう思ったあなたは、一度自分が送ったLINEを見直してみましょう。

 まさかと思いますが、ものすごい長文を送ったりしていませんか?
 もしくは、気持ちを乗せすぎていませんか?

 実はLINEでは「彼と気持ちを共有してはいけない」のです。

 そもそもLINEは「連絡ツール」です。
 恋愛を上手くいかせるために使う「道具」にしかすぎません。

 それなのに、あなたはLINEに「気持ち」や「感情」を乗せすぎていませんか?

 それは間違い。
 LINEは気持ちを共有するためのものではない、ことを学びましょう。

「LINEは連絡ツール」だということを思い出すこと。既読スルーが多い人ほど、自分が「LINE下手」だということを認識することから始めましょう。

■感情乗りまくりのLINEが男性に与えるのは「恐怖心」!

 仕事の休憩中、帰宅後、寝る前…何度も何度もLINEを見ては、「彼から返信が来ない」「既読になっているのに」「もしかして私、何か変なことを送ってしまったかな」と、彼とのLINEを過去まで遡って見返しては、ため息。
 そして待ちきれず「いつ会える?」と、また送信。
「早く会いたいな」「どうして時間作ってくれないの?」そう送ったあと、『やだ、私ったら!重い女みたい!』と思い直し、「ごめんね、急かしちゃって」と急に反省したLINEを送る…。

 このLINEを見た男性はどう思うでしょうか。
 怖いです。恐怖です。どんどんモチベーションが下がっていきます。もはや何を返信していいかが分かりません。
 既読スルーされても仕方がないでしょう。

 男性は「楽しい気持ち」にさせてくれる女性こそが大好きです。

 感情に振り回されたLINEを送る女性が、自分を楽しい気持ちにさせてくれると思えるでしょうか。
 あなたのLINEは、彼を「楽しい気持ち」にさせていますか?

■下手なLINEを送るぐらいならさっさと寝た方がいい

 彼からLINEが届いたものの、その内容やタイミングによっては「どう返信しようかな…」と迷うこともあると思います。
「既読しちゃったし、早く返信しなきゃ」
 そう思って、頑張って返信する女子も多いのではないでしょうか。
 そんな頑張り屋さんの女子に知ってもらいたい、大事なこの「LINE3原則」!

【LINE3原則】
・迷ったら、とりあえず寝かす(すぐ返信しない)
・何を返していいかわからなくなったら、とりあえず寝かす
・送る必要がないと感じたら、とりあえず寝かす

 そう、「とりあえず寝かす」!!
 「でも返信しないと悪いから…」「せっかく送ってくれたのに…」
 そんな風に思う必要はありません!
 恋愛をうまくいかせるためには、この「寝かす」ことがポイントなのです。
 大事なのは頑張らないこと。まずは自分を大切にしてあげること。

 さあ、気楽にいきましょう!
 だってLINEはツールなのですから。

文・構成=オカダトモコ

<プロフィール>
広中裕介(ひろなか ゆうすけ)

1980年生まれ。女友達の恋愛相談にのるなかで独自の恋愛観から悩みの核心をつくアドバイスが好評をはくし、口コミを中心に支持をうける。恋愛に悩む女性を主な対象に、恋愛での考えを通して、今までの自分を見つめなおせる場として、講座・セミナーを全国で展開中。
著書に『既読スルーされた数だけ幸せになれる』(KADOKAWA)がある。
公式ブログ:「恋愛の学校 Love.t.Academy 広中ゆ〜すけ 愛する人の世界で一番可愛い女になる♪」https://ameblo.jp/wabisabi-y/